さよなら ニッコールAF-S 17-35mm f2.8

で その手放したニッコールレンズの描写がどうだったかというと...
かなりの逆光でゴーストが出ても、割合クリアな描写だったんですね。

これはスペインのコンスエグラ、ドンキホーテの風車の舞台です。
a0063552_1623885.jpg

a0063552_163325.jpg


こっちはイタリア。サンタンジェロ城の内部です。
a0063552_1691072.jpg

a0063552_16105749.jpg

サンタンジェロ城といえば トムハンクス主演の映画「天使と悪魔」(ダビンチコードの二番煎じ)の舞台ですね。ここでバチカン見ながらブランチ摂りました。
a0063552_1613205.jpg


こちらはフィレンツェの町。
a0063552_21434595.jpg
後ボケのチェック

a0063552_21442742.jpg
前ボケのチェック

a0063552_21461192.jpg

a0063552_21472178.jpg
歪曲もあまり目立ちません。


こうして振り返るとなかなかヌケの良い描写だなぁ。
手放すといつも後悔するんです... (^^;)
[PR]
Commented by tama_photo at 2009-12-14 22:04
まだ持ってますが、デジタルへ移行して出番はグッと減りました。原因は教授のおっしゃるようにAPS-Cだとそれほどの広角にならないからです。
1年ほど前に引っ張り出して触ってみたら、キューキュー音がするようになってました。ググッてみたら、どうもこのレンズ特有のトラブルみたいですね。オークションでも「キュー音はしません」とか書いてる人もいます。
80-200/2.8も調子悪くて要修理状態。DXの18-200も一度故障したし、私のAF-Sニッコールは全滅です。
ニコンは頑丈さだけがとりえ(^^;と思っていたのに、どうしたことでしょう。。。
Commented by salgadou at 2009-12-14 22:35
おや たまさん いらっしゃい。AF鳴きは使ってないからですね。しばらく使うと収まると思います。焦点の合わせ難い対象物(例えば冷蔵庫のドア)などに向けてシャッターボタンを押すと ピントを合わせきれなくてピントリングが往復しますけど、それを何度もやれば鳴かなくなりますよ、たいてい。使いすぎてAF鳴きが生じる場合は メーカー送りでオーバーホールになりますけど。
個人的にはボディ内モーターによるカップリング駆動のレンズの方が故障の可能性が低くて良いと思っています。超音波モーター駆動の方が静かではありますが、「AFの速度はレンズ内超音波モーターが速い」というのは多分に思いこみがあるように思えます。あれはモーターがボディにあるかレンズにあるかではなくて、レンズ内のどの部分を駆動するかが、より大きく影響しますね。
Commented by カバ at 2009-12-15 21:59 x
エウロパ時代、太陽に向かって突っ走っていたイカルス教授の「おも影」が見えてますね~(^O^)
Commented by tama_photo at 2009-12-15 22:14
そうです、キューっと音がするのは、だいたい使い始めの数回で、そのうちに消えるんです。準備運動させれば問題ないのかな?

この17-35とシグマの10-20ミリと比較したのですが、単純に「解像度」でいけば後発のシグマが勝っていました。また、周辺の色収差もシグマが少なかったです。
でも、画像全体を見たときの「コントラスト」や「発色」はニッコールが好みでした。ニッコールは歪曲収差の少なさも見事ですね。教授にとっては今さらですが・・・。
Commented by salgadou at 2009-12-15 22:19
たまさん 食後の一服の時間に毎日レンズのAF作動させておけば 鳴きは消えていくと思いますよ。
このレンズ、広角端の歪曲はゼロではないのですが、DXで使う範囲ではあまり目立ちませんね。解像感が際だっているとは思わなかったのですが、近接撮影時のボケは割とまろやかで、20ミリf2.8が近接撮影で後ボケがざわざわと煩雑なのに比べて使いやすかったです。結局このズームが気に入って 17ミリ(これのみトキナー)、20ミリ、24ミリ、28ミリ、35ミリの単焦点AFレンズ全部処分してしまいました。

** 上段のコメントで「星井」は「欲しい」の変換ミスです(^^;)
by salgadou | 2009-12-14 16:14 | レンズ | Comments(5)

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou