人気ブログランキング |

スレーブ専用ストロボ

カメラに直接装着できず、他のストロボの発光にシンクロして補助的に発光させるストロボです。
モーリスという会社が販売しているヒカル小町シリーズがよく知られています。

これは写真仲間の忘年会オークションで 500円で手に入れたものです。
a0063552_19462324.jpg

半球系の発光部で 光量は強くありませんが 全方位的に発光します。単4乾電池2本使用します。

あれ? 似たものが...
a0063552_19475863.jpg

貼ってあるラベルが少し違います。

並べてみますと
a0063552_19483716.jpg

大きさが少し違いますね。大きい方が新型で コンパクトデジタルカメラなどの内蔵ストロボのプリ発光をキャンセルする回路を内蔵しています。
このプリ発光キャンセル回路が無いと、カメラが発光量調節のためにプリ発光した際に同調してしまい、カメラは補助ストロボと合算した光量で撮影条件を決定してしまうため 露出不足の写真となります。
最近のデジタル一眼レフやコンパクトデジタルカメラは 殆どプリ発光タイプですので、そのプリ発光を無視して本発光に同調する回路を内蔵した新型が売られているわけです。
ちなみに 新型は大きくなった分電池も単三電池が使用できます。エネループなどの充電タイプも使用可能です。また底面に三脚穴も付いています。ヨドバシカメラで5千円ほどで購入しました。

通常のストロボのような発光部を持つタイプ(ヒカル小町 Di)もあります。
「カメラ内蔵ストロボでは光量が足りない」あるいは「カメラ側からの発光だけでは写真が平板だ」というお悩みの方には、かなり有効かと思います。




コンデジ内蔵のストロボだけの場合とスレーブストロボを使った場合の比較を... あまり良い作例ではないですが。

まず本体ストロボのみの発光;
a0063552_717242.jpg


次に スレーブストロボを画面左上の位置にセットします。
a0063552_71817100.jpg

ここから直射と天井バウンスの光を加えるわけです。
で 結果として このように写ります。
a0063552_719955.jpg


ストロボの光量自体を調節することは出来ませんので、スレーブストロボの割合を増減するにはカメラ本体のISO感度を調節します。
ISO感度を下げる→スレーブストロボの影響が少なくなる
ISO感度を上げる→スレーブストロボの影響が強くなる
by salgadou | 2009-03-31 19:55 | ストロボ

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou