ニコンフード HSシリーズ

ニコン・ユーザーには「常識」ですが ニコンフードは大別4種類あります。
HNシリーズ: N=ネジ ですね。ねじ込みフード
HKシリーズ: K=かぶせ、かぶせ式のフードです。横についている小さなネジで固定します。
HBシリーズ:B=バヨネット式です。最近このタイプが増えています。花弁型フードなど。
HSシリーズ: S=スプリングで 固定するものです。

で 本日の主役は HSフード。まずは写真を。

a0063552_1158657.jpg


ネジが切ってあるのですが、そのネジ枠がばねになっており レバーを押すと
少し直径が小さくなります。その状態で レンズに装着し レバーをはずすと
ネジ溝で固定されます。

バヨネット式なみの着脱の迅速・簡便さと ネジ式の汎用性を持っています。
現在 残念なことに このHSタイプのフードは52ミリ径しかありません。
HS-14はその中で一番深いものです。もともとは マクロ105ミリf2.8用。
使いやすいので 他社の中望遠レンズも ステップアップ/ダウンリングで52ミリに
統一して このフードを装着して撮影することが多いです。
割と 中古カメラ屋のジャンクボックスに転がっています。1個500~1000円くらいでしょうか。

なおTipsといえるほどのものではないですが、この被写体のように転がってしまうものを
任意の角度で固定して撮影するために 輪ゴムを下に敷いています。
[PR]
Commented by mroko at 2006-06-19 16:49
輪ゴム! 気が付かなかった。転がるヤツ撮るとき結構困るんですよね。私よくボタン電池使ってました。でもあれだと動くんだ。有効なTipsです!(^^ 。
HS型のフードはいくつか持ってます。私、この方式が一番ヨロコビ感じるなぁ。いかんなぁ。快楽主義者的発言だ(^^;。
Commented by salgadou at 2006-06-19 18:00
ちょっとしたものが撮影の役に立つことありますね。小物を浮かせて撮りたいときに、
フィルムケースや蓋を下に敷いたり、スポットライトにLED懐中電灯を使ったり。。。
Commented by koji at 2006-06-19 20:45 x
同じくニコン製ですけどこれより古いタイプで釦が二つ付いてるフードが好きです、型番がないのでどれって言えませんけど、Fと書いてあります(袋文字のもある)。ジャンクボックスからはメタルフードならなんでも救出します、ニコン製より作りの良いのが時々あるのでやめられません。コニカやミノルタのメタルフードは大変に喜ばしい作りですが最近は全然発掘できません、西海岸に行かないとだめかも。で「フード」も深い沼です。快楽主義万世!
Commented by salgadou at 2006-06-19 22:04
昔は二つボタンでしたね。 49-58ミリの金属フードは安いのが見つかり次第購入しています。 ペンタックスの49ミリΦフード(135ミリ用)が アポランター 90mm f3.5に、ミノルタの52ミリΦフード(これも135ミリ用)が ニコンシリーズE100ミリに着いています(^^) やはりフードは金属製であって欲しいですね。
さて 明日から10日間ほど北海道です。今回はα Sweet Digital 2台と AF17-35,AF28-75のセットでいくことにしました。これに サンヨーMZ3がお供です(食事を撮るのに 便利なので)。
Commented by mroko at 2006-06-19 23:11
そうですか!教授、いってらっしゃいませ!また素晴らしい写真をたくさん撮ってきてくださいね。そしてたくさん見せてください。
よい旅を!(^O^)/ 。
Commented by salgadou at 2006-06-20 04:30
Mロコさん 有り難うございます。幸い今日は雨も降らないようです。
のんびり北海道を走ってきます。
by salgadou | 2006-06-19 12:02 | 小物類 | Comments(6)

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou