気の利いたアクセサリー

ミノルタのαシリーズ専用ですが、内蔵ストロボ光の拡散板です。
定価で4千円くらいだったと思います。

a0063552_10212494.jpg


横から見ると こんな具合です。 このアクセサリーが発売された当時より 現在の機種は
内蔵ストロボが高く跳ね上がるようになっていますので 拡散板の支持棒につかえています。
といっても 発光に支障はありませんけど。

a0063552_10225967.jpg


ミノルタαシリーズのホットシューは、特殊な形状なので 残念ながらこのアクセサリーは
他社の一眼レフカメラでは使用できません。
実際の効果は・・・? まず 普通に内蔵ストロボを発光させて撮ると このように写ります。
a0063552_10263716.jpg

ストロボ発光については ニコンが調光精度に優れているといわれますが、
ミノルタも 光がどぎつくならず なかなかいいと思います。
さて 拡散板を使用すると、
a0063552_10285778.jpg

このように フラットな感じに写ります。すこし 露光レベルが違いますね。 距離情報を取り入れる調光システムのせいかもしれません。
[PR]
Commented by mroko at 2006-02-01 12:32
なんてタイムリーな内容なんだ(^^ 。 興味津々です。。
αのホットシューって特殊な形なんですか?知らなかった。じゃぁサードパーティー製だとうまくいかないのかなぁ。
午後キタムラにプリント取りにいくからちょっと見てこよう。。品揃え貧弱な店ですけどね(^^; 。

緑の袋なんだろ?夢味?そうか!教授のブログ夢シリーズはここから名付けられたんだ! え?違う?なはは。。。で、焼き芋?(^^;;;
Commented by salgadou at 2006-02-01 13:17
えー 緑の袋には みかん が入っています。甘くて美味しいです。勿論 頂き物です。
ミノルタαシリーズは 途中から特殊なホットシュー形式になりました。ミノルタ純正のストロボしか付きません。
デジタルになって 更に 以前のストロボはまったく使えなくなったようで
困ったことです。 5400HS持っているんですが。。。(泣)。
Commented by ハル at 2006-02-01 15:21 x
フラッシュアダプターFS-1200を使えば一般的他シューに取り付け出来ますよ。また、その逆のFS-1100というのもあります。↓
http://konicaminolta.jp/products/consumer/camera/a-accessories/flash/others/index.html
Commented by salgadou at 2006-02-01 15:56
FS-1200持っています。でも このアダプターを使っても 5400HSは
ミノルタ以外のカメラでは 調光されないんでしょうね?
Commented by ハル at 2006-02-01 16:53 x
FS-1200を使っても、他社のカメラでは、フル発光になってしまいます。
でも、FS-1200を使えば、他社のカメラに、このクローズアップディフューザーCD-1000を装着する事は出来ます。
また、α807siに取り付けると内蔵ストロボに当たる為、支持棒が当たらない様にメーカーでカスタム改造を受け付けていましたので、今でも改造は可能かもしれません。
Commented by salgadou at 2006-02-01 17:24
FS-1200 + 拡散板の組み合わせをもくろんで このFS-1200買ったんです。
でも ニコンの場合は内臓ストロボを持ち上げようとすると このFS-1200に
つかえてしまうんですね(泣)。 FS-1200を半分だけ(ずり落ち気味ですが)差し込んで
なんとか拡散板を使ったことはあります。
Commented by ハル at 2006-02-01 23:58 x
ホットシューアダプター(↓)を併用しても支えてしまいますか?
http://www.un-ltd.co.jp/products/camera/lighting/un7411/img/02.jpg
Commented by salgadou at 2006-02-02 08:34
これで「かさ上げ」すれば もしかして。。。
でも 内臓ストロボの切り欠き部分って 案外余裕ないんですね。。。
by salgadou | 2006-02-01 10:23 | ストロボ | Comments(8)

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou