人気ブログランキング |

ライカ(ライツ)レンズでデジタルフォト 2

今日は もう少し焦点距離の長い ヘクトール135mm f4.5 を一眼レフカメラで使う例です。

a0063552_1439335.jpg

写真上段が オリジナルのヘクトール135mm f4.5です。 これはライカM型やバルナックライカにつけて使います。
下段が 別売りのアクセサリーで ショートヘリコイド です。かなり短いです。
ちなみに ヘクトール135mm f4.5の鏡胴には 三脚取り付け座がついています。
こんな具合です。格好いいですね(^^)
a0063552_1442557.jpg


一眼レフカメラで使うには ヘクトール135mm f4.5のレンズヘッドを取り出し、ショートヘリコイドと組み合わせます。 これは 本来はビゾフレックスというアダプターで使用するためのものです。

a0063552_144358100.jpg

下段左端に黒いリングがありますが、これはL39ライカマウントの中間リングです。
これが無いと ショートヘリコイドを一眼レフカメラで使うのは少々困難なのです。

a0063552_1445241.jpg

というのも ショートヘリコイドのカメラ側のマウントはL39なのですが、周囲をスカートが覆っていて そのままではスカートがつかえて取り付けられないのです。なので L39の薄い中間リングを間にはさみます。

さて L39マウントを ここでM42マウントに変換するアダプターが「7844」が登場します。
このアダプターも先般ご紹介の BORGから供給されています。2千円程度です。
引き伸ばしレンズもたいていはL39マウントですので、このアダプターはとても汎用性があります。
a0063552_14483422.jpg


こうして M42にマウントを変換した後 先般登場したペンタックスのヘリコイド中間リングとめでたく合体し、一眼レフカメラに取り付け可能となります。

a0063552_14551335.jpg

このシステムは ショートヘリコイドとヘリコイド中間リングの2箇所が繰り出せますので、かなりの近接撮影が可能となります。
さて 写りはどのようなものか・・・


a0063552_1459258.jpg


a0063552_1502871.jpg

a0063552_152663.jpg
シャープでありながら やわらかく 花の質感をとてもしっかりと出してくれます。
色にも厚みがあります。
一般にライツ(ライカ)のレンズは高価なのですが、このヘクトール135mm f4.5は 数多く生産されたこと、距離計連動カメラには使いづらいことから 割合と安価に手に入れることが出来ます。イメージサークルも大きく 中判カメラで使用している人もいます。
一眼レフカメラで使ってこそ その良さが確認できるレンズだと個人的には思います。

人気blogランキング ぽち 有り難うございます。 m(_ _)m
by salgadou | 2005-12-17 14:49 | レンズ

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou