人気ブログランキング |

ソニーα7とα7IIでは描写が違うのか?

ソニーα7RIIやα7SIIと比べて バーゲンプライスのα7II、それより更に安く11万円程度で買えるようになったα7、悩んでいる方も多いでしょうね。
a0063552_9351019.jpg


誰しも抱く疑問が「α7とα7IIで描写がどう違うのか?」

α7IIを入手してから、α7同様手持ちのレンズで撮影していますが、これまで「α7とは明らかに違う描写」というのは経験ありません。なので撮像素子についても変更が無いのだろうと思っていましたが....

上記画像のコシナ・SWH(スーパーワイドヘリア)15ミリを装着した際には、明らかな差異が見られました。

まずα7+SWH15ミリの組み合わせでは
a0063552_9393649.jpg


次にα7IIとの組み合わせでは
a0063552_9401329.jpg


周辺部の光量低下があきらかに軽減されています。カラーシフト(周辺部の色づき)については上記画像では分かりにくいので、別の作例を。

まずはα7とSWH15ミリです;
a0063552_941195.jpg

周辺部にマジェンタの色づきが見られます。

これが α7IIとの組み合わせになると
a0063552_9415449.jpg
このように軽減されています。APS-C相当にクロップして使う場合は画面端でも周辺光量低下や色づきは見られないでしょう。

パンフレットには何も謳ってないですが、α7IIになって斜入光対策が進んだものと思われます。集光レンズの改善がなされたのではないでしょうか。

SWH15ミリはコンパクトでシャープなレンズなのでミラーレス機で愛用する方も多いと思われますが、このレンズに関してはソニーα7よりα7IIの方がお勧めです。
by salgadou | 2015-11-06 09:54 | デジタル一眼

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou