ミノルタの広角レンズ 2 :オートWロッコールHG 35ミリf2.8

ズームのMDロッコール35-70ミリf3.5や広角MCロッコール28ミリf3.5がなかなか魅力的な描写だったので、
更に古いロッコールの35ミリをヤフオクで入手してみました。表記が「HG」なので6群7枚構成です。
ミラーレス機+マウントアダプターで使用する場合、MD/MC/それ以前のロッコール 全て1種類のアダプターで使用できます。

a0063552_12572344.jpg
かなり古いレンズでヘリコイドのグリースはすこし抜けかけていますが、レンズそのものは綺麗でした。
最短撮影距離は0.4mまで目盛がありますが 更にもう少し繰り出して35cmくらいまでは近づけそうです。

早速描写力を見てみます:
f2.8開放での近接描写、ハロは多いのですが 中央部はそれなりに良好な解像を示しています。
a0063552_1324622.jpg

上記画像の中央部分を切り出してみます ↓。
a0063552_13273497.jpg

一段絞ってf4ではぐっとクリアーな描写になります。中央部の解像はなかなかたいしたものです。
a0063552_133231.jpg

f4撮影の画像の中央部のみピクセル等倍で切り出してみます ↓ ;
a0063552_137319.jpg


中央部のみであれば1段絞るだけでもう十分な解像力です(α7の24百万画素では)。

a0063552_1393081.jpg
ハイコントラストで開放から高解像のレンズがあふれいてる現在では、開放での緩い描写もかえって古いレンズの味わいとして楽しめそうです。@f2.8開放

a0063552_1311817.jpg
これはf4での描写、ボケにはそれほどクセはありません。寄って写すのに使いやすいですね。

a0063552_13121341.jpg
これはf5.6で最短撮影距離付近。中央部はとてもシャープなのが 下の切り抜き画像で分かります。
a0063552_1314582.jpg


風景などに用いる際は f8~f11くらいまで絞らないと周辺~四隅の描写が向上しません。当時の設計技術や硝材の限界なのかも。
もっとも当時のフィルムの解像度を遙かに超えた性能を画面の大部分で発揮しているので、レンズ設計者は真面目なんだなぁと感心します。

a0063552_13162196.jpg
↑ @f8

a0063552_13172336.jpg
↑ @f2.8開放
[PR]
Commented by 大坂 at 2015-09-28 21:16 x
ご機嫌よう
TTL測光になる前のSR-7とかのレンズですね。実は人から同じレンズを頂いて持ってますので記事を一層興味深く拝読しました。TTLのSRマウントカメラにつけるとシボリがちゃんと絞り込まれないので、操を立てて純正で使うかアダプターで、ですねえ。
Commented by salgadou at 2015-10-04 07:36
SR-7いいですね、SR T-101より造形がシャープで好みのデザインでした。
あの頃は外光式とTTL方式の優劣論争があり、ミノルタは外光式の方が優れていると主張していたように記憶しています。
Commented by にふかれって at 2015-11-02 23:02 x
失礼します。
SR-7時代のオートロッコールでしたら、SR-3時代以降のSRマウントのボディでしたら、どの機種に付けても絞りはちゃんと絞り込まれます。
最少絞りまで絞り込まれないレンズだとすると、それは、SR-2の時代の物の筈です。この最初期の機種だけは、絞りレバーのストロークが大きかったです。
Commented by salgadou at 2015-11-03 14:09
α7・α7II使っていると そのような仕様上の不具合も乗り越えてしまいますね。便利な時代になったものだと実感します。
by salgadou | 2015-09-26 12:44 | レンズ | Comments(4)

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou