I'll be back ! とそのレンズが言った気がした。。。:ニッコール50ミリf1.4

以前も持っていたんです、ニッコール50ミリf1.4。簡単なレビューはここに。
当時はAPS-Cのデジタル一眼レフで使っていたので「中望遠レンズ」ですね。

他に買いたいレンズがあって手放したんですが、その時かすかに「I'll be badk !」と言ったような気が....
最近ヤフオクで「5点2500円」(送料など諸経費込みで3500円弱)の出品物にこのレンズが混ざっていました。
どういう訳か 商品説明でこのレンズだけキャップを被せた画像だったのですが...

届いてみてキャップを取ってみると「わっ 黴が!」
a0063552_1775883.jpg

内側のレンズに黴が繁殖していました。
このレンズ 前群3枚がブロックになっていて塊で外れます。幸い黴はその前群の最後面だけだったので、簡単に拭き取って元通りに戻すことが出来ました。
a0063552_178145.jpg


レンズ掃除のあとは... すっかり綺麗に!
a0063552_1792012.jpg

近年のAFレンズだったらもっと複雑な組み立てになっているんでしょうね。

このニューニッコール50ミリf1.4は第2世代の設計と言われています。重量は320gほど。OMズイコーの50ミリf1.4と比べると95g近く重たいです。
現在まだ販売されているAi-sニッコール50ミリf1.4は公称250gで 軽量化がなされています。コーティングも更にマルチコーティングが進んでいます。


さてα7に着けて試写すると.... なかなか素晴らしい描写でありました。さすが往年の看板レンズ。
絞り開放ではコントラストやや低く、フレアあり。輝度差の大きな部分ではパープルフリンジもありますが、思ったより解像力はあります。ぐずぐずの描写ではありません。
一段絞ってf2では僅かにフレアっぽさが残るもののコントラストがぐっと向上し、解像もはっきり分かるほど改善します。
更にf2.8では中心部はもう十分に高解像です。コントラストも十分。これ以降絞るにつれて周辺の解像力が改善します。
傾向としてはOMズイコー50ミリf1.4と同様です。

では 参考画像を。

まず絞り開放;
a0063552_16483818.jpg


ついで f2.8 ;
a0063552_1649519.jpg


滲み具合の変化については 以下をご参考に。
まず全体画像です(@f5.6)
a0063552_1650084.jpg


中心部のみ切り出してみます。 まずは絞り開放; コントラスト低めで 明るい部分が大きく滲みます。
a0063552_16535359.jpg


ついで f2.8での中心部 ; コントラストが向上し 滲みが格段に減っています。
a0063552_16541759.jpg


最後に f5.6での中心部 ; 更に像が締まり 滲みはほとんど無くなります。
a0063552_16544613.jpg


開放からコントラストが高く高解像のスーパーレンズが増えている昨今、むしろ開放付近での緩めの描写がかえって面白いかもしれません。
[PR]
Commented by auf1028 at 2015-09-08 23:56
どうもはじめまして.先日α7を入手しまして,色々撮っていたらEBC FUJINON 55mm F1.8で
妙な内面反射みたいのが出る・・・.検索でこちらにたどり着き,早速アダプターに遮光板
を取り付け終わりました.助かりました.よく気づかれましたね~.
Commented by salgadou at 2015-09-09 13:07
auf1028さんいらっしゃい。問題が解決して良かったですね。
ソニーEマウントは本来APS-C用を強引にフルサイズに展開したもの...と自分は受け取っているのですが
おかげで古いMFレンズをいろいろ楽しめて、誠に有り難いカメラが出現したものだと思っています。
by salgadou | 2015-09-04 11:17 | レンズ | Comments(2)

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou