人気ブログランキング |

ぎょぎょっと魚眼20ミリf8を無限遠からピント合わせ可能に

前述の通り このぎょぎょっと魚眼20ミリはニコンFマウントに装着した場合固定焦点となり、約2m前後にしかピントが来ない仕様になっています。

しかしこのレンズは本来かなりシャープな描写力を持っているのです。なので何とか風景写真にも使えるようにしたい!

そこで eBayから新たなアダプターを調達しました。10ドルもしません。
a0063552_8242830.jpg

a0063552_8244049.jpg


ニコンFマウントのレンズをM42のカメラやアダプターに取り付けるためのマウント変換リングです。
M42レンズをニコンFマウントに装着するためのアダプターは国内でも売られており、自作も含めて既に持っているのですが、逆の変換アダプターは国内では売られていないようです。

さて購入したこのアダプターをBORGの中厚ヘリコイドチューブと組み合わせると、上手い具合に余裕を持って
無限遠からレンズ前方4cmくらいまでピントを合わせることが出来るようになりました。

遠方の被写体を写して「風景にも使える描写力なのか?」確かめてみます。

a0063552_8282757.jpg


a0063552_8284140.jpg


α7の24百万画素にも耐える十分シャープな描写です。ヌケの良さも魅力です。コーナー部分のみ画像が緩くなりますが、
魚眼でコーナーの描写を気にするケースも稀でしょうから、この点は受け入れることとします。

大きめの画像を ↓に貼りましたので ご参考までに。
http://www.jpdo.com/dd004/69/img/3456.jpg

近くの被写体にも十分適応可能です。
a0063552_8311435.jpg


a0063552_8313373.jpg


a0063552_8314743.jpg

by salgadou | 2015-07-22 09:18 | 小物類

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou