人気ブログランキング |

ルミックスFZ1000には汎用外部ストロボが使える

同じパナソニックですが ルミックスFZ1000専用のストロボではなく、昔から売られていた汎用のストロボをルミックスFZ1000で使ってみます。
a0063552_10355298.jpg

勿論 他のミラーレス一眼でも使えないことはないのですが... たとえばM(マニュアルモード)で汎用ストロボを使おうとすると 通常困った問題に直面します。

それは カメラの液晶やEVF出力画像が「露出状況を反映する」ためです。例えば室内でストロボを焚いて撮影する場合 仮にf8 1/125秒にセットすると 液晶/EVF画面は真っ暗になってしまいます。

ところがこのFZ1000には 露出状況を反映させないモードがあるんです。いくら絞りやシャッター速度を変えても 適正露出のような画像を液晶/EVFに出してくれます。
なので室内や暗所でのストロボ撮影が快適に出来ます(このような機能がないカメラでも専用ストロボを装着すれば 同様になります)。

もう一つFZ1000ではストロボ撮影時のメリットがあります。これはこのカメラがレンズシャッターを搭載していることに拠るものです。すなわち 1/4000秒までストロボが全速同調します。

撮影例をアップします:(ストロボはパナソニックのPE-28Sです)
f8 1/250秒
a0063552_1042556.jpg


f8 1/1000秒
a0063552_10432465.jpg



f8 1/4000秒
a0063552_10434294.jpg


近接撮影でストロボの閃光時間が短いので 1/4000秒まで露出が一定です。
ニコンD70は電子シャッター搭載で 1/8000秒まで(サードパーティのストロボでは)ストロボ全速同調しましたが、このFZ1000はメカシャッターで1/4000秒までストロボ同調します。

暗所や室内ならば上限 1/250秒同調でもストロボの閃光時間が短いので被写体を止めて写すことが可能なので 1/4000秒同調はそれほど重要なことではありません。ところが屋外で ストロボを補助光として使う場合 この性能はきわめて有効です。シャッター速度優先オートあるいはマニュアル露出で シャッター速度を変更することにより、定常光とストロボ光の割合を任意に変えて撮影することが可能になるからです。

ついでながら 内蔵のストロボでも1/4000秒までストロボ同調します。非力ですが...
by salgadou | 2014-10-31 10:52 | デジタル一眼

撮影に使っている機材を紹介致します。


by salgadou