昨年8月にご紹介したOMズイコー135ミリf3.5をα7IIと組み合わせて桃や桜などを撮影してみました。
すべて絞り開放です。

a0063552_19182480.jpg

a0063552_19215051.jpg


割とキレのいい描写です。背景がふんわり...というほどのボケではありません。このあたりはレンズの明るさからいたしかたないところかと。

a0063552_19235829.jpg

a0063552_19244088.jpg

a0063552_1925980.jpg

a0063552_19262811.jpg
場所を変えて満開の山桜を。
キッチリと写ります、雰囲気ある写りとは少し違うような....

描写性能は良好なレンズです。ただ最短撮影距離1.5mというのは花を近づいて撮るには少しストレスを感じました。
このレンズで花撮りを行う人は中間リングを用意したほうがいいでしょう。

おまけ
[PR]
# by salgadou | 2016-03-24 03:54 | レンズ | Comments(2)

毎年春になるとこのレンズを取り出します。少し離れた場所に咲く花を撮るためです。自分の持っているレンズたちの中で このレンズがもっとも長焦点なので...

レンズそのものは小型で細身です。金属鏡胴の中にガラスが詰まっている感じで フード込み500gほど。
一段ほど絞った状態ですが、ほぼ円形の虹彩絞りがご覧いただけると思います。
a0063552_1002023.jpg


このレンズはバルナックライカ用、当然カメラの距離計は連動しないのでビゾフレックスを介してカメラに取り付けることになります。したがってレンズのバックフォーカスはとても長い。
a0063552_1013999.jpg
なのでベローズを介してα7に取り付けても余裕を持って無限遠からの撮影が可能です。一眼レフに取り付けても無限遠からの撮影OKです。

近所でぼちぼち緋桜が咲き出しているので撮りに行ってみました。絞り開放でもそれになりに解像力はあります。f5.6に絞ると像が引き締まってきます。
a0063552_103278.jpg
↑ @f5.6

a0063552_104359.jpg
↑ @開放

近くで白梅も咲いていたのでそちらに移動。
a0063552_106414.jpg
↑ @f5.6

a0063552_1064769.jpg
↑ @開放

a0063552_1083891.jpg
↑ @開放

20枚ほどの羽根でほぼ円形と言って良い虹彩絞りです。近接時の前後のボケも素直で、使いやすいレンズです。
a0063552_1091945.jpg
↑ @開放

このような望遠系のレンズを使う際には ソニーα7IIの手ぶれ補正はとても有効です。シャープに撮れることは勿論なのですが、
それ以前にEVFの拡大表示で精密にピント合わせをする際に像が止まってくれるのがとても助かります。
[PR]
# by salgadou | 2016-03-11 15:06 | レンズ | Comments(0)

撮影に使っている機材を紹介致します。