ニコンシリーズE 100ミリf2.8:分家の子だが優秀です

1979年発売(国内は1980年)のニコンEMに合わせて 安価なニコン シリーズEのレンズ数本が販売されました。
当時のニッコールとは鏡胴材質が異なりプラスチックを採用した嚆矢となりました。
レンズ構成も比較的簡素にしてコストを抑えたもののようですが、中には優秀な光学性能を発揮するレンズも含まれてました。
このレンズはその中の1本です。(10年前にも取り上げていますが
a0063552_2042056.jpg

兄貴分のニッコール105ミリf2.5と比べて明るさは1/3段落ちますが 重量は約半分。レンズの大きさもマイクロニッコール55ミリ程度とコンパクトで携帯性に優れています。

10年前に使った時もなかなか良い印象だったのですが、今回ソニーα7IIで再評価してみました。
以下 絞り開放f2.5での撮影です。
a0063552_20433881.jpg




a0063552_20445492.jpg


a0063552_20453044.jpg


絞り開放でも破たんのない描写です。6百万画素のニコンD1Xや4百万画素のD2Hで撮影した10年前の印象では 幾分硬質の描写と感じたのですが、
24百万画素のα7IIでは開放ではむしろ柔らかめの印象です。ボケも煩わしさがなく ポートレートにも好適な描写です。

一段絞るとカリッとした描写になります。
a0063552_20473937.jpg


a0063552_20475071.jpg


a0063552_20495452.jpg


当時は本家のニッコールレンズより格下に見られていたシリーズEですが、描写性能は引けを取るものではありません。
軽量なのも取り回しが良く、比較的安価に入手できますのでオークションなどで見かけたら保護してあげる価値はあると思います。
[PR]
# by salgadou | 2016-05-02 07:36 | レンズ | Comments(0)

たまには ソフトフォーカスレンズでスナップなど

ということで ケンコーMCソフト85ミリf2.5を散歩の相手に持ち出してみました。
a0063552_8481921.jpg
ヤフオクでもときおり出品されます。
各社の一眼レフに使用できるように、汎用マウントになっています。そのマウントアダプター部分を外すと本体はM42マウントのねじピッチになっています。
なので 本体 +M42ベローズ でもミラーレス機では無限遠からの撮影が可能です。
絞りは手動。f2.5~f8の範囲しかありません。f8を超えては絞り込めません。またf8ではソフトフォーカス効果は無く、逆にかなりシャープな描写になります。
通常絞り開放~f4くらいまでで使用するものでしょう。

今回はBORGの最厚ヘリコイドチューブを介してソニーα7に着けての撮影です。

とりあえず 近所の住宅街の花を...
a0063552_851186.jpg

a0063552_8514153.jpg

a0063552_853890.jpg
上の画像はいずれも 絞りf4での撮影。

滲み具合の変化を。まず絞り開放f2.5
a0063552_8561556.jpg

次に f4
a0063552_8563024.jpg

f2.5~f4の間は 1/3段刻みのクリックがあり、滲み具合の変化はかなり大きいです。

a0063552_8575530.jpg
@f4

a0063552_931725.jpg
@f4

a0063552_95754.jpg
@開放 f2.5

a0063552_953098.jpg
@開放 f2.5

おぼろげな記憶の中の光景....といった印象の写りですね。

このレンズを 絞って使うと...?
[PR]
# by salgadou | 2016-04-29 15:18 | レンズ | Comments(0)