まだ20世紀末の新宿 いきつけのカメラ店で「400円でいいよ、まいどっ!」と押しつけられたフジナーE50ミリf4.5、 レンズがかなり曇っていたのでそのまま引き出しの中に放置。
a0063552_8405660.jpg

ふと思い立って レンズを清拭してみたら綺麗になるのかも?... 案外簡単に前玉は取り出せました。
a0063552_8411070.jpg

後玉はレンズ後端を外すとそれに固定されたまま取り出せました。

3群4枚なので 中玉を取り出す必要はなく前と後ろから、極細繊維の布とエタノールで清拭。

殆どの曇りや汚れが取れました。まあもとが400円なので失敗しても惜しくありません。組み付けも、誤差が出ないような構造になっているので問題ありませんでした。

a0063552_844060.jpg

α7に取り付けて手にするとずっしり重たい。それもそのはず このレンズ単体で157gもあります。鏡胴が金属の塊といった感じです。
ちなみにELニッコール50ミリf2.8(旧タイプ)は105g、シュナイダーのコンポノン-S50ミリf2.8は96g、ローデンシュトックのロダゴン40ミリf4は86gしかありません。

さて試写であります。
a0063552_85019.jpg
近接時の後ボケには神経質なところは無いようです。

a0063552_8511675.jpg
いつもの逆光チェックポイントで。フードもつけられないし昔のコーティングなので フレアはたっぷり(-_-;)

a0063552_8521685.jpg
とはいえ 一般撮影でフレアが目立つことはありません。

a0063552_8524751.jpg
遠景描写。縮小画面では分かりづらいのですが、中心部は開放f4.5からかなりシャープ、周辺部は流れは無いものの結像が緩いです。絞ってもあまり改善しません。

a0063552_854438.jpg
栗の実も育ってきました。

a0063552_8551224.jpg
アガパンサスの色はなかなか生き生きと描写されました。

a0063552_8563647.jpg
中心部と周辺部の描写の違いを見るのに好適な被写体です。

結論として「APS-Cで使うなら全画面開放からかなりシャープなレンズ」「フルフレームで使う場合は周辺部がやや緩く、風景(遠景)にはあまり向かない。画面中心部に視線が集まるスナップならあまり支障なし」ということになりました。

3群4枚の簡略な構成の引き伸ばしレンズとしては良くあるパターンでした。比較すれば フジノンE50ミリf4の方が切れ味・ヌケの良さで上回っていました。
[PR]
by salgadou | 2015-06-27 09:38 | 引き伸ばしレンズ | Comments(0)

標準レンズと言えば50~58ミリが殆どなのですが、自分はちょっと苦手で狭く感じます。といって中望遠に比べると引き寄せが足りない。
その点で40~43ミリくらいの画角が自分には「窮屈さを感じない標準レンズ」として使いやすい。ということで ヤフオクでローデンシュトックのロダゴン40ミリf4を落札しました。
a0063552_9375094.jpg

外観はヨレヨレですが幸いレンズは綺麗な状態でした。

引き伸ばしレンズは50~150ミリを持っていますが、40ミリは初めてです。手持ちのマウントアダプターやヘリコイドチューブの組み合わせでうまくピント調節範囲が取れるか若干心配でしたが、
中厚のBORGヘリコイドチューブと薄いマウントアダプターの組み合わせで無限遠から27cmほどの間で撮影可能と分かりました \(^_^)/

通常ライカ判用の引き伸ばしレンズは各社50ミリを揃えています。
ローデンシュトック・ロダゴン以外にもELニッコール、シュナイダーのコンポノン、ライツのフォコターにも40ミリが存在し
「あまりランプヘッドを上げないで大伸ばしをする」という目的で使われますが、50ミリと比べてポピュラーではありません。
また一般に引き伸ばしレンズは焦点距離が長くなるほど広いイメージサークルを持つので、この40ミリを撮影に用いた場合フルフレームでの周辺部での描写は大丈夫か?...という点が心配になります。

ということでα7で実写しましたが、周辺部までシャープで安心しました。
a0063552_9435671.jpg


a0063552_944935.jpg


a0063552_9443310.jpg


縮小画像ではこのレンズの持つ切れ味は説明しきれないのですが、開放f4でもかなりシャープ、f5.6~f8で全画面申し分のない描写になります。

a0063552_945545.jpg
40ミリでf4ですので、大きくボケるレンズではありません。とはいえボケ味にも問題は無いように感じました。

更に...
[PR]
by salgadou | 2015-06-24 09:52 | 引き伸ばしレンズ | Comments(0)

収差てんこ盛りレンズ

10年ちょっと前にも同様なレンズで花を撮っていたのですが、またこの種のレンズに関心が戻ってきました。


いくつかのクローズアップレンズを組み合わせて、撮影可能なレンズを作るわけですが、クローズアップレンズは20枚ほど持っておりますので、適宜組み合わせを変えて描写の違いを楽しむことが出来ます。
デジタル一眼レフで使う場合一般に焦点距離100~200ミリ程度になるように組み合わせるのが使いやすいですが、ソニーα7の場合フランジバックが短いので70ミリ程度の合成焦点距離のものも使えます。

a0063552_13334910.jpg

今回はKenkoのAC No.5とMC No.10を組み合わせてみました。合成焦点距離は6.6cmほどとなります。


それでは その組み合わせの写りは・・・

a0063552_13345971.jpg


a0063552_13351366.jpg


a0063552_13352982.jpg


a0063552_13354955.jpg


a0063552_13362355.jpg


a0063552_13364570.jpg


a0063552_13371052.jpg


a0063552_13373369.jpg


光源が写り込んでいるものが面白そうですね。横浜夜景撮影などよさそうに思います。
[PR]
by salgadou | 2015-06-16 21:01 | レンズ | Comments(0)

シグマの新製品: dp0

シグマの超絶解像力シリーズ、最終弾がもうすぐ発売ですね。実売価格は税込み9万9千円弱@マップカメラです。
a0063552_19244937.jpg

a0063552_1925111.jpg

他のシリーズには興味ないのですが、このカメラは35ミリ判換算21ミリ相当の画角のレンズを搭載しているので ちょっと関心があります。

....というよりこれまでシグマのfoveon機に搭載されているレンズは、少し焼き直してマイクロフォーサーズやソニーEマウント用に高性能&安価な「DNシリーズ」として販売されているので、このレンズももしかして....と期待しています。
21ミリf4相当にしてはかなり太くて長いレンズです。この春の横浜CP+でシグマの社員さんから
「明るさがf4では不足でしょうか?」と少し心配顔で尋ねられたので、「f2.8でこれ以上大きくなるよりf4で大きさを抑えた方が良いと思います」と答えました。
それでもかなりの大きさなので、光学的にはかなり頑張ったレンズなのでしょうね。歪曲が非常に小さいことをシグマはうたっています。
ARTシリーズも高い描写力が高評価ですし、このレンズにも期待するところ大です。
[PR]
by salgadou | 2015-06-13 11:20 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(0)

今更ながら「α7のステップズームとコシナのSWH15ミリを組み合わせれば、広角ズーム買わなくていいんじゃね?」と思いつきました。
ステップズームなどというデジタル処理は食わず嫌いだったのですが、通常「画像サイズM(1千万画素)」で使っている自分には 画素補間ではなくてそのままトリミングする範囲でのステップズームは有効かも?...と思った次第。
a0063552_9192640.jpg


α7のデジタルズームは(画像サイズMで使用する場合) 1.1~1.5倍までは画質劣化がないとされています。
実際にどのくらい画角が変わるのか検証してみました。SWH15ミリ(初代、Lマウント)はフルサイズ画面では周辺部に色づきと光量低下が認められるので、それがステップズームでどのように変化するかもチェックです。

まず オリジナルの画角(x1.0)で;
曇り空なので周辺部の色づきと減光がよく判ります。晴天ではこれほどはあらわになりません。
a0063552_9221818.jpg


次に x1.1倍(= 16.5ミリ相当の画角);
a0063552_9224740.jpg


ついで x1.2倍(=18ミリ相当の画角);
a0063552_9232125.jpg


更に x1.3倍(= 19.5ミリ相当の画角);
a0063552_924887.jpg


x1.4倍(= 21ミリ相当の画角);
a0063552_9243790.jpg


最後にAPS-C相当の x1.5倍(= 22.5ミリ相当の画角);
a0063552_9251743.jpg


このレンズはコシナ社で再調整して貰ったおかげで、フルサイズでも画面周辺までシャープです。中央部は非常にシャープです。また歪曲がほとんど無く 直線が曲がらず写ります。
個人的には20ミリ前後の画角が好きなのですが、19.5ミリ相当、21ミリ相当のいずれでも周辺部の色づきはそれほど目立たなくなっています。晴天時なら殆ど気づかないレベルです。

今度は近くのものを撮ってみます。α7のEVFと拡大表示は素晴らしいもので、15ミリであってもきちんとピント位置が視認できます。

まず オリジナルの15ミリ画角で;
a0063552_9303544.jpg


ついで x1.1倍の16.5ミリ相当の画角で;
a0063552_931912.jpg


x1.2倍の18ミリ相当の画角で;
a0063552_9313336.jpg


x1.3倍の19.5ミリ相当の画角で;
a0063552_932181.jpg


x1.4倍の21ミリ相当の画角で;
a0063552_93234100.jpg


x1.5倍の22.5ミリ相当の画角で;
a0063552_9325461.jpg


曇り空と違ってこのような被写体の場合は、周辺部の色づきはそれほど目立ちません。

Mサイズ画像(1千万画素)で撮影する限り画質劣化無しで、6本分の画角が楽しめます。クロップするほど周辺部の色づきや減光も目立たなくなります。

追記です:Sサイズ画像(6百万画素)であれば、0.1倍刻みでx1.1~x2.0のステップズームが利用可能です。

2点だけ残念な点があります。
まず電源を落とすとこのステップズームはキャンセルされて1.0倍に戻ってしまうことです。例えば常に21ミリ相当の画角で撮りたくても、一旦電源を切ると再度設定し直す必要があります。
また ステップズームを用いると AFの測距範囲がとても広くなって、ピンポイントのAFが出来ないことです。この場合は拡大表示+マニュアルフォーカスが必要になるかもしれません。マウントアダプターで非純正レンズをMF使用する場合には関係ありません。

メニュー画面を開いて設定し直すのは面倒なので、自分は背面ロータリーダイヤル中央部のボタンにステップズーム設定の機能を割り当てています。少しだけ手間ですが、撮影画角を6種類選べる便利さには換えられません。

勿論この機能はどの焦点距離のレンズにも適用できるので、例えば50ミリレンズを装着して 50/55/60/65/70/75ミリの6本のレンズ相当の画角を楽しむことも可能です。室内の人物撮影などで引きがとれない場合など便利でしょうね。
[PR]
by salgadou | 2015-06-09 22:07 | デジタル一眼 | Comments(0)

寄れる標準ズーム 2

オリンパスの12-40ミリf2.8ズームです。梅や水仙につづいて紫陽花を撮ってみました。カメラはOM-D E-M5です。

a0063552_8411799.jpg


a0063552_841549.jpg


a0063552_8431020.jpg


a0063552_8441130.jpg


a0063552_845458.jpg


a0063552_846329.jpg


広角端(35ミリ判換算24ミリ相当)で背景を取り入れてもよし、望遠端(同 80ミリ相当)で対象のみクローズアップするもよし。最短撮影距離20cmくらいなので便利なレンズです。
[PR]
by salgadou | 2015-06-06 17:00 | レンズ | Comments(0)

ライカM→ソニーEマウントアダプターは既に持っているのですが、ライカマウントのレンズは最短撮影距離70cmが限度でそれ以上近づけません。

ということでヘリコイド内蔵マウントアダプターを追加しました。
a0063552_2015231.jpg

a0063552_17442650.jpg

eBayで4千5百円ちょっと。円高の頃なら3千5百円くらいで買えたかも。。。
重量は41gと軽量です。この種のアダプターではコシナのものが最高級とされていますが、お値段は3万2千円ほどで重量も125gと重たいです。
まあ 軽い分だけ簡略な構造になっているのでしょうが、ヘリコイドの動きも僅かにかすれ感があるものの許容できるスムースさです。
レンズを装着して確認すると、ほんの僅かにオーバーインフとなっています。

a0063552_17483771.jpg

a0063552_17571651.gif


コシナ・フォクトレンダーのノクトン40ミリf1.4に装着してみました。このレンズでは最短撮影距離30cm弱くらいになります。
アダプターの厚さはおよそ9.3~14.4ミリで変化します。約5ミリの繰り出し量です。

SWH15ミリf4.5では強烈で、レンズ前5cm以内まで寄れます。

これで広角~標準系のライカマウントレンズについては「寄れない不満」がほぼ解消しました。

実際に...
[PR]
by salgadou | 2015-06-03 17:58 | マウントアダプター | Comments(2)

撮影に使っている機材を紹介致します。