マイクロフォーサーズ用の標準ズームについては以前パナソニックの12-35ミリf2.8を購入したことがあるのですが、外れを引いたようで描写が普及品レベルでこれは返品と相成りました。良品との交換でも良かったのですが、そのころオリンパスからも高性能標準ズームが出るというニュースがあり、1年ほど待って昨年末それを購入しました。

描写には満足しています。前述のパナソニックの12-35/2.8よりも 広角域から望遠域まで描写が安定しています。望遠端が欠陥品レベルだったソニーのなんちゃってツアイス24-70ミリf4よりずっと周辺描写も良好です。

描写に加えて魅力的なのが「寄れる」ことです。スペック上は「最短撮影距離20cm」となっていますが、それよりも寄れることがあります。

広角端での最短撮影距離;おおよそ16cmくらいまで寄れるようです。
a0063552_90207.jpg


ズーム中間域(25ミリ)での最短撮影距離:これも16cmくらいのようです。
a0063552_923396.jpg


望遠端(40ミリ)での最短撮影距離:これはカタログスペック通り20cmのようです。
a0063552_931370.jpg


では それぞれの最短撮影距離で どのくらいの範囲が写るのでしょうか?

まず 広角端での最短撮影距離撮影;
a0063552_945719.jpg


次に20ミリ付近での最短撮影距離撮影;
a0063552_952551.jpg


最後に望遠端での最短撮影距離撮影;
a0063552_955268.jpg


マクロレンズには及びませんが、通常の撮影範囲においては「いくらでも寄れる」という印象です。花を撮るのにはとても便利な性能です。

ということで 花を撮影してみました。
a0063552_97104.jpg

a0063552_97308.jpg
「寄れる」という点に加えて ボケも問題ありません。

a0063552_983766.jpg

a0063552_9945.jpg


ちなみにオリンパスの単焦点45ミリf1.8ではこれほど寄ることはできません。うんと昔は「ズームは寄れない。寄って撮るには単焦点!」だったのですが、今や逆転してしまいました。
[PR]
by salgadou | 2015-01-19 09:13 | レンズ | Comments(0)

撮影に使っている機材を紹介致します。