<   2013年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

α7で遊ぶ28ミリレンズは...?

FEマウントの純正レンズもまだ35ミリと55ミリ、ズームの28-70ミリしかありません。なので単焦点の28ミリをα7に着けて撮影したいという人も出てくるでしょう。

で、あなたなら以下の中からどのレンズを選びますか?

a) リコーGR 28ミリf2.8
b) ミノルタGロッコール 28ミリf3.5
c) ミノルタMロッコール 28ミリf2.8

それぞれ高い評価を得たレンズなので、どれが駄目だと言うこともないのですが、自分ならMロッコール28ミリを選びます。

aとbはレンズ後玉がフランジ部分よりカメラ側に突きだしています。もともとコンパクトフィルムカメラ用に設計されたので、ボディからの突き出し量を少なくするためこのような設計になったのではないかと思っています。

自分はGR28ミリは使ったことがないのですが、Gロッコール28ミリf3.5は15年ほど前に使っていました。中心部はカミソリのように切れ味の良いレンズですが、周辺部の光量の落ち込みがかなり激しく 独特の描写でした。同時期にMロッコール28ミリf2.8も持っており、結局Mロッコール28ミリを手元に残し Gロッコール28ミリは手放しました。

現在ではGロッコールの人気が高く 中古相場でもGロッコールが9万円前後、Mロッコールが6万円台で出ています。

Webにもα7/α7Rで上記のレンズを使った作例が上がってきていますが、リコーGR28ミリとGロッコール28ミリは フィルム以上に周辺部の減光が大きいように思えます。斜入光についてフィルムほど許容度がないデジタル撮像素子なので 仕方ないのでしょう。斜めに光が入れば それだけ結像も甘くなります。

あえてそのような描写が好みの方なら問題ありません。

一方 周辺まで均質な描写が欲しい・周辺部の色づきは出来るだけ避けたい...と言う方には個人的にMロッコール28ミリをお勧めします。中古価格も割安ですし。
a0063552_15332097.jpg


a0063552_1519585.jpg
@f5.6

開放f2.8ではさすがに像が甘いです。現在の非球面レンズを使った最新設計レンズのようには行きません。中心部はf4で十分鮮鋭になります。f5.6に絞ればAPS-Cカメラなら十分周辺まで満足のいく画質となります。f8でフルフレームでも(ほんの四隅を覗いて)良好な画質となります。

周辺部の色づきはありません。このレンズは後玉がフランジ面より突きだしてない設計です。斜入光の度外が少ないのが寄与しているようです。

このレンズには有名な持病があります。レンズの貼り合わせ材が良くないロットがあり、水玉のように白い斑点が出てきます。酷い物になると一面全部水玉模様が広がっていたレンズもみたことがあります。ミノルタはこの問題を認識して 90年代の一時期このような持病が出たレンズの修理を行っていました。
もしこのレンズに興味をお持ちの方が居られたら 店頭でレンズの状態をよく観察してください。現時点で水玉模様が出てなければ おそらく今後も大丈夫でしょう。修理されたレンズかもしれませんし 本来大丈夫なロットなのかもしれません。自分は90年代半ばに買い求めましたが 幸い良品で現在もクリアなガラスの状態を保っています。
[PR]
by salgadou | 2013-12-31 15:38 | レンズ | Comments(2)

α7で散歩 今度はコシナ SWH15ミリf4.5

きわめて小型のレンズです。画角も広いので手袋をしていると指が画面端に写り込んでしまうことがあります。
a0063552_2233739.jpg



焦点距離が短いから周辺減光が激しい....とは限らない。コシナ21ミリf4とあまり変わりません。 ↓ @f4.5
a0063552_13224619.jpg

絞っても周辺部の光量はあまり変化しません。 ↓ @f11
a0063552_13233469.jpg

最近は歪曲がきわめて大きく それをデジタル補正しているレンズも多くなりましたが、このレンズは光学的に歪曲の少ない設計となっています。α7では周辺部に少し色被りがあります。 ソニーからはこの周辺部の色づきを軽減するプラグインソフトがリリースされています。
APS-Cにクロップすれば全画面色づきは感じられないでしょう。クロップしても23ミリ相当の広角です。↓ @f5.6
a0063552_1324419.jpg


コントラストは高く 鮮鋭度も良好です、特に中心部は開放からきわめてシャープです。 ↓@ f8
a0063552_13291551.jpg


最短撮影距離は30cm(ライカLマウントの旧タイプ。現在のMマウントタイプは50cmとなっています) かなり被写体に寄って撮影することが出来ます。
近接撮影時の後ボケは良好です。@f4.5
a0063552_1335046.jpg

[PR]
by salgadou | 2013-12-29 13:30 | レンズ | Comments(2)

α7Rとα7、自分はα7を選びました

いくつかの理由があります。α7を選択した理由は..

1. 後玉が突きだした(一部の)ライカマウント短焦点レンズとの相性は α7の方がよい。α7Rよりα7の方が画像周辺部の色被りが少ない。
自分はコシナ・フォクトレンダーの15ミリf4.5と21ミリf4をもっているので α7を選びました。
海外サイトですが 実際にいろいろなレンズとの相性を検証したものがあります;
http://siammirrorless.com/board/index.php?topic=1644

もっとも ズマロン35ミリf2.8やMロッコール28ミリf2.8など 後玉が突きだしていないレンズはα7Rでも問題ないかもしれません。α7では全く周辺部の色被りは出ません。
a0063552_14294012.jpg
α7 Mロッコール28ミリ @f5.6

a0063552_14345555.jpg
α7 ズマロン35ミリ @f5.6

2. α7は先幕電子シャッターが選べる。これをONにしておくと、シャッタータイムラグが短くなる(とはいっても NEX-6より若干タイムラグ大きい、何とか我慢できる程度)。また先幕機械シャッターの振動が無いので手ぶれもしにくいように感じる。α7Rには 先幕電子シャッターは搭載されていない。なのでNEX-3のようにシャッター幕が動く音と振動が2回発生する。これにはちょっと違和感が...

3. 連写速度は若干α7の方が速い

4. 値段が7万円ほどα7の方が安い。

5. 自分は36百万画素を必要としていない。24百万画素でも多すぎるくらい....(JPEGなら 10MPなどの少ない画素数も選べます)

6. NEX全機種やα7Rと比べて、α7は画素ピッチが一番大きい。オールドレンズにも解像力の要求水準が低いと思われる(つまりオールドレンズに優しい)。

一方見方を変えれば

1. 出来るだけ多い画素数の方が良い
2. 純正のEやFEマウントレンズしか使わない
3. マウントアダプターで非純正レンズを使うとしても おもに一眼レフ用のレンズを使う。ライカマウントレンズを使うにしても、後玉がフランジ面より後ろに突きだしたものは使わない。
4. シャッタータイムラグの若干の増加は気にしない

このような方はα7Rを買っても支障は無いわけです。
[PR]
by salgadou | 2013-12-27 07:35 | デジタル一眼 | Comments(2)

ソニーα7は財布に優しい....ペンタックスM28ミリf3.5

カメラやレンズを断捨離すると つい寂しくなって 何か買い物を。。。
a0063552_931061.jpg
広角系レンズが1本あるといいなぁ(← コシナの15ミリと21ミリはもっているのですが)
フジヤカメラで中古レンズのコーナーを見ていると ペンタックスのレンズが手招きしているように思えて。。。
結局右端の28ミリf3.5を買い求めました。埃の混入が少しあるとの説明でしたが 殆ど認められない程度の美品でした。
a0063552_10372422.jpg

1970年代前半はペンタックスのシステムで撮影しており 広角は28ミリf3.5を使っていました(他に55ミリf2と85ミリf1.9)。スクリューマウントの時代ですが、このレンズも同じ光学系? 隣にあるf2.8より前玉は大きく 後玉は小さい。

さて α7とペンタックスM28ミリf3.5の組み合わせは...
a0063552_1017486.jpg

a0063552_9455024.jpg

a0063552_9532467.jpg
中心部は開放f3.5から割合シャープ、f5.6で画面大部分が鮮鋭になり f8で全域十分なシャープネスが得られました。ショートバックフォーカスの(一部の)ライカマウント広角系レンズと異なり レトロフォーカスタイプなので周辺光量も十分あります。周辺部の色被りも出ません。
a0063552_9554548.jpg

平坦な被写体では四隅で像が少しだけボケる現象がありましたが、このように画面周辺~四隅がレンズに接近してくる状況では四隅もシャープな描写。
つまりこのレンズには像面湾曲があり 湾曲した合焦面ではシャープな描写力を持つことが判りました。日常的なスナップなどでは被写体が平面的に画面一杯広がっていることは稀なので 描写に不満を持つことはないでしょう。
a0063552_9513141.jpg
ピントは中央の木に遭わせてありますが、右下や左下コーナーの草にもピントが来ています。逆光にきわめて強いという訳では無さそうです。フードはニコンのHN-2を装着(ステップアップリング使用)。
a0063552_9523215.jpg
@f3.5
近接時の後ボケもスムースです。

お買い得でなかなか良好な描写力を持つレンズと判明しました。
[PR]
by salgadou | 2013-12-25 09:56 | レンズ | Comments(0)

α7購入の一方で 断捨離

余り使わないカメラが旅立っていきました。
a0063552_18523150.jpg
ヘキサーRFはフィルム数本通しただけ。これを買った後 ニコンD1Xに主力が移って 結局防湿庫の中で鎮座。ライカマウントのフィルムカメラとしては ミノルタCLEとならんで使いやすいカメラだったと思います。
[PR]
by salgadou | 2013-12-24 18:55 | 雑談 | Comments(0)

ソニーα7で散歩 その1 コシナ・フォクトレンダー スコパー21ミリf4

α7用に現在売られているレンズは 単焦点の35ミリ、55ミリ、ズームの28-70ミリですが どれも購入せずもっぱら手持ちのライカマウントやニコンマウントのレンズを使うことにします。

a0063552_19553094.jpg

取りあえず コシナ・フォクトレンダーのスコパー21ミリf4をα7に取り付けて散歩。
a0063552_20382196.jpg
@f4開放。 かなり強烈に周辺減光があります。
絞り開放でも中心部は非常にシャープな切れ味です。中間部から四隅にかけて外に行くほど画像がゆるくなってきます。
画像の緩さは絞っていくほど改善されますが f8でも少し弛め・まあ我慢できるかなと言う程度です。マジェンタの色被りが僅かに左右両端に見られます。色被りは曇天の方が晴天より目立ちますので、通常の晴天の撮影では このレンズでは殆ど気にならないでしょう。

このような被写体では周辺部の描写は余り気になりません。
a0063552_20444838.jpg
@f8、周辺部の減光は絞り開放と変わりません、つまりこのレンズを使用する場合は「光量の周辺落ち」を計算して使え、ということになります。

NEXで使う場合は この画面の中心部、面積にして45%ほどを使うわけですから 周辺減光も気にならず 画角も32ミリ相当で中庸な広角レンズとして使いやすいでしょう。鮮鋭度もAPS-Cの場合は周辺まで十分でしょうし。
[PR]
by salgadou | 2013-12-21 21:50 | デジタル一眼 | Comments(0)

年末の珍事

近年 年末が近づくと (自分から)頑張った自分へのご褒美 とか 自分へのクリスマスプレゼント なんて なかなか都合のいい表現が飛び交うようになりました。

私など気ままに生きているのでそもそも頑張ってないし、、、
クリスチャンでもないので 年末に取って付けたようにクリスマスプレゼントだなんて神様に叱られそうで、、、


え?


なんだこれ?


なんでこんなものが 突然テーブルの上に....


a0063552_2047948.jpg



きっとこれは 15年以上前からおつきあいがあるマップカメラからのお歳暮なんだろう。きっとそうに違いない。。。。
[PR]
by salgadou | 2013-12-19 20:49 | 雑談 | Comments(4)

引き伸ばしレンズで slow photograpy

Nikon D100使うより こちらの方が更にスローかもしれません。引き伸ばしレンズ+ベローズ。10年前5250円で中古で購入したペンタックスのM42ベローズ。なかなか使い勝手がよろしくて愛用しています。
今回はBORGのアダプターリング使ってNEX-3に装着。
a0063552_116894.jpg
この画像ではニコンのELニッコール50ミリf2.8を装着していますが、この組み合わせでは残念ながら「最遠撮影距離」が20cmほどとなり 近接専用です。
NEXはどの機種も背面液晶がチルト出来ますので このような撮影には便利です。
a0063552_1174478.jpg
重量も900g以下ですので 明るい場所なら手持ち撮影も可能です。

a0063552_1182399.jpg
こちらはフジノンE75ミリf4.5を装着した例。フィルター径46ミリですので、コンタックスG90ミリ用のフードが活用できます。
a0063552_1191380.jpg
この組み合わせも重量900g以下なので 十分手持ち撮影可能です。75ミリやそれ以上の焦点距離では 無限遠から近接までの撮影が可能 ですので 町のスナップも花の接写もこなせます。

昔はもっぱら花の撮影に使っていましたが 近所の風景も撮ってみましたら これが非常にシャープです。
a0063552_11124925.jpg

この画像の一部をピクセル等倍で切り出してみます。ピントは「針尾工業の看板」に合わせてあります。絞りは f5.6 です。
a0063552_11151430.jpg


もっと遠景も撮ってみます。
a0063552_11184683.jpg

ここから画像の一部をピクセル等倍で切り抜き;
a0063552_11202574.jpg

切り抜き作業で画像が幾分劣化していますが レンズのシャープさはご理解いただけると思います。
近距離はヘボレンズでもそこそこの解像感のある写真は撮れますが 高周波領域(=微細パターン)の多い遠景を撮ってみると腰砕けになるレンズは多いです。引き伸ばしレンズは遠近どちらも良好に撮影できるレンズが多いですね。

ELニッコール50ミリは2千円、フジノンE75ミリは6千円で 10年前に購入した物です。当時銀塩からデジタルへの移行時期で 使われなくなった引き伸ばしレンズが多数捨て値近くでカメラ屋の委託品や中古品コーナーに並んでいました。

昔はD1XやD2Hと組み合わせて使っていましたが、ミラーレス一眼の出現でいろいろ可能性が広がってきました。

- 明るくないレンズを更に1~2段絞って使っても ピント合わせ画面が暗くならない
- 拡大表示で 絞った状態でも精密なピント合わせが可能
- カメラボディが格段に軽いので 撮影システム全体が軽量に仕上がる
- 無限遠からの撮影は90ミリやそれ以上でないと不可能だったが、ミラーレスでは75ミリも可能*
* ベローズの替わりにBORGの最薄のヘリコイド中間リングを使えば 50ミリで(ELニッコール 新旧型どちらも)無限遠からの一般撮影が出来ます。
[PR]
by salgadou | 2013-12-18 11:15 | 引き伸ばしレンズ | Comments(0)

Slow Photographyのためのデジタル一眼レフ

ひところ「スローライフ」という言葉が流行りました。雑誌にも「こういう生き方がスローライフだ!」という記事満載。最近落ち着いてきたのは それが世の中に定着したからでしょう。

さてスローな写真生活向けのカメラ? これです ↓

a0063552_9195194.jpg

2002年夏に売り出されたニコンD100です。売り出し時の希望小売価格は23万円ほど。2003年1月3日に購入、購入価格は19万3千円。いまならフルフレームのD610買ってもお釣りが来ます (-_-;)

画素数は今となってはわずか6百万画素。連写速度も3コマ/秒程度。ファインダー像倍率0.8倍。液晶をかぶせてあるので少し暗いファインダーです。

当時のニコンですので(今も?) JPEG画質は緩い・眠たいものですが、RAWで撮ればなかなかこってりしたいい画像が得られます。所詮アマチュアの自分なので6百万画素でそれほど不足もありません。参考までにRAWで撮影し ViewNX2でJPEG変換した画像を添付します。300KBbほどに圧縮してあります。
a0063552_9542851.jpg

レンズは AFS 18-70ミリf3.5-4.5です。このレンズ 広角端の歪曲が弱点ですが、シャープさはなかなか良好なレンズです。望遠端70ミリで撮影、@f5.6

もう一枚、今度はAi AFマイクロニッコール60ミリf2.8にて(@f5.6) 容量の関係で「低画質のJPEG」に変換してあります。
a0063552_9592882.jpg



で どこがスローなのか?

RAWで撮影すると記録に6秒ほどかかるんです。3コマまでRAWでも連写できますが、そうすると記録が終わるまで18秒、その間撮影できません。

ニコンは伝統的に「RAWよりファイルサイズが小さい圧縮RAWモード」が搭載されています。ところがその圧縮RAWで撮影すると1コマ記録するだけで40秒近く次の操作を受け付けません。それを知らずに圧縮RAW撮影した時には、カメラが壊れた!と思いました。

現在これに匹敵するのはシグマのDP Merrillシリーズでしょうか。

急がず、 連写せず、 時折パチリパチリ ゆったり写すのには最高のカメラ!です (-_-;)

更に.....
[PR]
by salgadou | 2013-12-12 09:37 | デジタル一眼 | Comments(0)

フリーエージェント(FA)

野球の世界では楽天のエース・田中投手の去就が注目されていますが、当方でも世間の目を避けるようにこっそりとFAが実施されました。
a0063552_1973443.jpg

パナソニックのルミックスGF1に着けられているグリップは、本来後ろのニコン1 V1用です。
どういうわけか このグリップがぐらつくこともなくGF1にきっちり取り付けられてしまいました。これでGF1の保持が格段に良くなりました。

きっとニコン社内にもルミックスGF1の愛用者が居たんだなぁ。。。
[PR]
by salgadou | 2013-12-11 19:04 | 小物類 | Comments(0)