不思議な表示のレンズ

ペンタックスから新製品として出るズームレンズ。 APS-C用で20-40ミリという焦点距離もちょっと珍しいですが、外観もオーソドックスなようでいて、奇妙なところがあります。
a0063552_681380.jpg
このレンズの外観をみて 違和感を覚えました。

何故か...

比較として ペンタックス 35ミリf2.8マクロの外観写真も揚げます;
a0063552_692066.jpg


自分が感じた違和感とは....
[PR]
by salgadou | 2013-11-13 06:18 | 雑談 | Comments(3)

ニコンDf の大きさ

ニコンのデジタル一眼レフの中では最小・最軽量をうたっています。
どのくらいかというと...
a0063552_212835.jpg
同一撮像素子を有するニコンD4と比べると おとなと子供くらい違う。D4を使っている人が 軽くて小さいサブ機が欲しいとなるとDfが目にとまるのかも。

a0063552_2134834.jpg
D800/D800Eと比較すると やはりDfの方が小さい。

a0063552_2143329.jpg
D600/D610と比較すると う~ん大して違わん。

a0063552_2151867.jpg
APS-C(DX)のD7000/D7100の方が Dfより少し小さいですね。

では 他社機と比べると...
[PR]
by salgadou | 2013-11-06 21:06 | デジタル一眼 | Comments(5)

今度はニコンから....

中身は D600/D610のメカニズムと D4の撮像素子&画像エンジン、それにレトロな外装を加えて...
a0063552_17314136.jpg
ニコンDfが登場。
デザインを詰める時間的な余裕がなかったのか?...エプロン横のボタン台座やグリップ横のダイヤルに「とってつけた感」がにじみ出ていますが。。。
シャッターボタン周囲のリングは電源のオンオフ機能しかないですが、ここにサブダイヤルを持ってくればよかったのに... 電源スイッチは現サブダイヤルの右上の位置に小さなレバーで。そうすれば煩雑な印象が幾分軽くなったでしょう。

画素数16百万画素は 最近のニコンの傾向に逆行するようですが、一般の人には画質面で十分でしょうし PCの負担もそれほど大きくないメリットがありますね。
重量面でもニコンFX機でもっとも軽い。寸法面でも最小のニコンFX機のようです。ちなみにバテリーは入門機と同様のEL-14a、でもストロボを内蔵していないのが奏功してか1400ショット@満充電の撮影能力があるそうです。

価格はボディのみがニコンダイレクトで27万8千円と、D600/D610に比べて大幅に高いです。
D4の撮像素子とエンジンを積んで 大幅に小さく そして安くなったFX機と捉えるか、D600/D610より画素数が少ないのに割高なレトロルック機と捉えるかで ニコンユーザーの受け取り方がわかれるのかもしれません。

非Aiニッコールレンズ対応だそうですが、非Aiレンズには絞り情報をボディに伝えるすべがありません。おそらくグリップ横のダイヤルで 絞り値を手動にて入力するのでしょう。ところで絞りを変えた場合 その手動入力を忘れると露出が狂ってしまうように思われます。

前述のソニーα7やα7Rをはじめとしてミラーレス一眼は マウントアダプターで実絞りAEが可能なので、非Aiニッコールの場合むしろミラーレス一眼の方が露出の失敗が少ないように思えます(個人的には)。
MFの精度もミラーレス機で拡大表示を使った方が 一眼レフのフォーカシングスクリーンでのピント合わせより良好でした(NEX-6 vs ニコンD7000での経験)。

ニコンDfの価格は ソニーα7の約2倍。古いMFのニッコールを使いたいユーザーは、どちらを選択するのでしょうね?
[PR]
by salgadou | 2013-11-05 17:39 | デジタル一眼 | Comments(5)

撮影に使っている機材を紹介致します。