暇つぶしにヨドバシカメラの通販サイトを覗いていたら...こんなものを。
a0063552_10242726.jpg

ホルガ・ブランドで売られていて 価格は2180円と安いですね。(更にポイント10%付き)
8年ほど前にご紹介したポラロイド・ブランドの卓上三脚とそっくり同じです。
ポラロイドブランドはMade in Japanとなっています。30年ほど前に購入したものです。当時は日本で作っていましたが ホルガブランドはどこの国で作られたモノでしょうか?(たぶん中国製だと思いますが....)
このタイプは 足を固定するクランプを弛めて 一番長い脚をくるりと回すと 120度毎にストッパーが効いて 均等な角度で開くようになっています。この点はライツのテーブル三脚よりずっと優れています。ごつい脚で強度も十分あります。

ちょっとだけデザインを変えたものもヨドバシカメラで売られています。
a0063552_10323147.jpg

こちらはつまみのデザインが違いますが おおむね同等品ですね。値段は2480円+ポイント10%と ちょっと高い。生産国:中国と商品説明にあります。

もう少し小振りで デザインの良いものを...と言う人には
a0063552_10364479.jpg

マンフロットから上記の三脚が発売されるようです。価格は2850円+ポイント10%。

ヨドバシカメラのアフィリエイトをやるつもりはありませんが、懐かしくて取り上げてみました。
[PR]
by salgadou | 2013-06-29 10:38 | 三脚・雲台 | Comments(0)

NEX用にeBayでM42マウントアダプターを買ったので 以前買ったSuper-Takumar 55mm f1.8を装着して試写してみました。作られたのは1960年代後半かと思います。
a0063552_20135141.jpg

鏡胴の作りは現在よりも当時のレンズの方が良いですね。総金属製です。保存状態も良好で曇りもなく ヘリコイドの動きもスムースです。マルチコーティングになる前の単層コート、対物側はアンバー、奥の方はパープルのコーティングが見えます。

ミニバラを撮ってみました。まずf1.8
a0063552_2015539.jpg
球面収差が残っているような描写です。フレアも多い。
次にf2.8
a0063552_2016272.jpg
だいぶすっきりします。
次いでf4
a0063552_20165423.jpg
まあ十分な描写だと思います。
昔のレンズなので 現在のデジタル専用レンズに比べてコントラストが幾分低いですね。解像力は絞れば十分あるように思います。近接時の前のボケ具合は割合良好な印象を受けました。
[PR]
by salgadou | 2013-06-25 20:21 | レンズ | Comments(3)

コンパクトデジカメからフルサイズデジタル一眼レフまで、採用されている撮像素子の面積(単位:平方mm)

a0063552_1526466.jpg


ニコン1やソニーRX100に採用されている1型素子は 2/3型のちょうど2倍、マイクロフォーサーズのほぼ半分と言ったところです。
[PR]
by salgadou | 2013-06-16 15:28 | デジタル一眼 | Comments(0)

以前 ニコン1 V1はMF出来ないと書きましたが、当方の勘違いでありました。MFは出来ます、一応出来ます。忍耐力と根気のある人なら出来ます。お詫びして訂正いたします。

MFで撮影する必要があるのか? ... という疑問を持つ人も居るでしょうね。AFはかなり進化していますし。でも下の画像のようなケースでは 通常AFでは金網にピントが来てしまいます。MFで無限遠にしないと 車にはピントが来ません。
a0063552_154184.jpg


ロータリーダイヤルのAF(下方向)ボタンを押すとAF/MFの切り替えが出来ます。ピント合わせはロータリーダイヤルをぐるぐる回します。レンズにピントリングがないので 他に方法がありません。
a0063552_10411212.jpg

ここでロータリーダイヤルの中央ボタンを押すと 画面が拡大され、右側に距離を示すバーが出てきます。
a0063552_1042942.jpg

ロータリーダイヤルをぐるぐる回すと このバーが無限遠に近づいたり チューリップに近づいたり上下します。でもいったい何を表すんでしょうね、このバー? 無限遠以外はいったいどのくらいの距離にピントが来ているのか一切判りません。チューリップマークまでやって来ても それがどのくらいの近接距離かも判りません。何のためにこんな表示をしたのか、意味不明です。ニコンの設計者に説明して貰いたいところです。
せめて5mとか3mとか1mの目盛りを表示してくれれば 置きピン撮影の指標になるのに。。。

それに拡大画像にしてもピントのピークが非常にわかりにくい不明瞭な表示です。ルミックスGやNEXの方がずっとピントがわかりやすい。
ルミックスGより背面液晶ピクセル数が多い(倍もある)のにピントがわかりにくいのは 液晶に出力するサムネイル画像の品質が低いからなのでしょう。

ニコンがうたうAdvanced camera systemは 当方には Strange camera systemにしか思えません (-_-;)
[PR]
by salgadou | 2013-06-12 10:38 | デジタル一眼 | Comments(2)

ミラーレス一眼は小さいのでカメラバッグではなくてユニクロのショルダーバッグに入れて持ち歩いています。これまで黒いインナークッションボックスを使っていたのですが、カメラ関係の小物(リモコン)などがが見つけにくいので、今回オレンジ色のものに換えました。
a0063552_1044284.jpg

a0063552_10445227.jpg
バッグ内部がちょっと明るくなって良い感じ。小物を見つけやすいし。
ちなみに今回購入したオレンジ色のインナークッションボックス、ヨドバシカメラで580円でした。(アマゾンなら527円)
[PR]
by salgadou | 2013-06-03 10:48 | 小物類 | Comments(4)

ちまたで評判の良いレンズです。安い・小さく軽い・よく写る。
パナソニックのルミックスGF3なんかと組み合わせると、すっぽり手の中に収まるほどコンパクト。
a0063552_7482923.jpg


紫陽花が咲き出したので この組み合わせで撮ってみました。
a0063552_7491186.jpg
f1.8開放

a0063552_750279.jpg
これもf1.8開放

a0063552_7502888.jpg
ちょっと絞ってf2

a0063552_7523076.jpg
少し離れた被写体を f2

a0063552_753286.jpg
風景にも十分使える解像力 f4

マイクロフォーサーズ使いの人にはお勧めの一本ですね。
[PR]
by salgadou | 2013-06-02 07:53 | レンズ | Comments(0)

撮影に使っている機材を紹介致します。