<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

じっちゃんごめんよぉ.... 物欲に負けた年末:シグマ 19ミリf2.8 DN

今週に入りぐんぐん値下がりしたシグマの19ミリf2.8 (30ミリf2.8も買った後に更に値下がりです...泣)
メーカー希望小売価格のおよそ6割引という値段に思わず昨日ポチしたら 本日午前中届きました。
a0063552_20133943.jpg

a0063552_20134983.jpg
30ミリf2.8と違って この19ミリにはプラスチックのフードが付いているんですね。(30ミリに装着してあるフードは クラカメ用に以前から持っていたものの転用です)。

今日は終日雨で試写できませんでした。年が明けてから試写結果をレポートしたいと思います。
なんとか本日試写できました。結果は...(絞り:f4)
a0063552_1935620.jpg
外れ玉でした(-_-;)
左側がボンヤリです。


気まぐれな更新の本ブログにお越しいただき有り難うございました。来年もよろしくお願い致します。
[PR]
by salgadou | 2012-12-30 20:17 | レンズ | Comments(2)

NEX-3の○と×

まだ試写を繰り返した程度ですが ソニーNEX-3について感じたところを...

○ APS-Cサイズの受光素子を持つカメラとしてはとても小型軽量
○ 横位置撮影に便利なティルト式液晶画面..液晶画面を上向きに跳ね上げ 両脇を締めて胸の位置にカメラを構えるとぶれない撮影が可能です(二眼レフ風に)
○ ワンプッシュで7倍、更にプッシュして14倍になる拡大液晶画面(マウントアダプター使用時)
○ いろいろ遊べる「短いフランジバック」(マウントアダプタ使用で コンタックスG用レンズでも遊べる)
○ 豊富なピクチャーエフェクト(発売時未搭載なのにバージョンアップで追加された)
○ 14百万画素は(自分には)十分以上の画素数 .... 現時点で自分が保有しているデジカメでは最大画素数です(汗)
○ 簡単な操作でパノラマ画像が撮影できる、またパノラマ撮影の場合中央部の画像をつなぎ合わせるようで 周辺描写に欠点のあるレンズでもかなりシャープな画像が得られます。

× ちょっと使いにくいUI(ユーザーインターフェース)
× どんどん減っていく持ちの悪いバッテリー (ただし 残量の%表示は便利です) →この件は保留します。入っていたのが純正のバッテリーではなかったので(これを書いた時点で純正バッテリーと思いこんでいました m(_ _)m
× かかりの浅いグリップ (NEX-5やNEX-7は持ちやすそうです)
× もう少し充実して欲しい広角系レンズ群・・・キットの16ミリや18-55ミリは今ひとつの評判ですね
× シャッター2回走るのが感じられるが そのシャッターショックが割と大きい
× リモコンに対応していない(上位機種のNEX-5や後継機は対応している)

また シグマレンズを装着した場合 起動に3秒ほどかかります。ルミックスGシリーズと純正レンズの組み合わせは割と素早く立ち上がりますので、頻繁にスイッチをON/OFFするユーザーでは NEX+シグマレンズは 少しストレスを感じるかも。
ただし マウントアダプター+ライカマウントレンズの場合は NEX-3の起動はスピーディですので、これはシグマレンズとNEXとの組み合わせに限ったことのようです。おそらく近い将来シグマからもこの点を改良しただ第2バージョンが出るのではないでしょうか?


大きさの比較をしてみました;

まず ルミックスGF1+20ミリf1.7との比較。 ボディの幅は同じくらい、厚さも 最厚部比較では同じくらいです。
背の高さはNEX-3の方が若干低い。ボディ的にはNEX-3の方が小型です。
で 同じくらいの画角になるレンズを装着した場合は シグマ30ミリの突き出しが大きいので
ルミックスGF1 + 20ミリの方が若干薄くなります。 純正16ミリを装着したらNEX-3の方が 厚みの面でも小型かも。
a0063552_7343481.jpg

a0063552_7345198.jpg


14ミリを装着したルミックスGF3との比較では、これはもうルミックスGF3の方がずっと小さい。
画角を揃えてシグマ19ミリをNEX-3に装着すると更にレンズの突き出しが大きくなりますので 差が開きます。
ルミックスGF3+14ミリなら コートのポケットに楽に入ります。NEX-3はレンズを外さないと無理かも。
ただルミックスGF3では右手親指の置き場所に困るのですが、横幅があるNEX-3はその点右手だけでも保持しやすいです。
a0063552_7382082.jpg

a0063552_7383219.jpg


撮像素子面積がマイクロフォーサーズの1.7倍ほどもあることを考慮すると NEXシリーズは驚異的な小ささですね。
[PR]
by salgadou | 2012-12-28 07:50 | デジタル一眼 | Comments(0)

じっちゃんが言ってた.... マウント増やしちゃいけないよ (-_-;)

お前の父親は 麗華楼や津阿井須閣でさんざん浮き名を流したものだよ。店から「新しい綺麗なタマが入店しましたよ!」とか「今度のは上玉ですよっ」て誘いに乗って それで身上をつぶしたんだよ。
お前にもその性格は受け継がれているようだから 決してマウント増やしちゃいけないよ。。。。

じいちゃんの諫めを忘れて 年末のカメラ仲間忘年会でつい舞い上がり.... いやね 言い訳を許して貰えば あれは「ほら 猿画堂さんも持っているライカマウントですよ。マウント増やしたことにはなりませんよ」なんて誘いに乗った私が悪い訳じゃ....

a0063552_1922857.jpg
あっ 気がつくと、小柄な娘が手元に...

a0063552_19223862.jpg
あれっ シャワー浴びて戻ってきたら もう合体してるっ!

ということで (-_-;)
[PR]
by salgadou | 2012-12-26 19:27 | レンズ | Comments(2)

NEX-3でライカレンズ その2 ズマロン35ミリf2.8

a0063552_8385747.jpg

同時代の大選手=ズミクロン35ミリf2(8枚玉)の名声に隠れていますが、このズマロン35ミリも名選手だと思います。
このレンズには少し思い入れがあって 1994年に初めて手に入れたライカレンズです。出張してスイスの片田舎に泊まった翌朝7時頃小さな町を散歩していて、早朝から開いている小さなカメラ屋のショウウインドウで見つけ、赤エルマー(前出)付きのライカDIIと一緒に買い求めました。
一時期ズマロンに興味が出て5種類6本買い集めました。ズマロン35ミリにはf2.8とf3.5、眼鏡付きと眼鏡無し、LマウントとMマウントなどの違いがあり 私が知っている限り8種類があります。
フィルム時代ですが試写した結果 最初に買ったこのレンズが一番気に入り手元に残っています。Mマウントで売られたものですが、実はMマウントを外してLマウントにすることが出来るM/Lタイプと言われるものです。生産本数が比較的少なく5千本程度と言われています。

前置きが長くなりましたが、このレンズ デジタルカメラとの相性もなかなか良好です。マイクロフォーサーズにライカマウントアダプターを付けて覗いた際も印象が良かったのですが、APS-CサイズのNEXなら標準レンズとしての画角で使用する事が出来ます。

f5.6での画像です。APS-Cの全面に良好な像を結びます。コントラストも十分です。
a0063552_8475441.jpg

これが開放のf2.8では 中心部はまずまずですが周辺が苦しくなります。コントラストも低いですね。
a0063552_8491939.jpg


縮小画面ではわかりにくいので、等倍切り出し画面を↓に。どちらも左下隅を切り出しています。
f5.6
a0063552_8543525.jpg


f2.8
a0063552_8545217.jpg


このレンズの最終製造年は1963年となっていますから ほぼ50年経たデジタル時代の今もこれだけの描写力を持ち続けているレンズを作っていたライツは凄いなぁと改めて思います。工作精度も申し分ありません。
[PR]
by salgadou | 2012-12-25 09:01 | レンズ | Comments(2)

NEX-3でライカレンズ その1 赤エルマー

a0063552_8332166.jpg

赤エルマー50ミリf3.5をNEX-3に装着しての試写です。フードを装着すると絞りを変更するのはなかなか面倒なレンズなので f5.6固定で撮って回りました。
a0063552_1195868.jpg

a0063552_11114127.jpg
レンズ構成が素直なおかげなのか、後ボケも割と綺麗です。ポートレートに使えそうですね。
a0063552_11122283.jpg
像の流れはないのですが 中心部に比べて周辺部は像が少し甘くなります。この点は Mロッコール28ミリの方が周辺までコントラストと鮮鋭度は高いようです。まあ設計された時代が違うので仕方のないことだと思います。

気温5℃を切るくらいの状況で50ショットほど撮影しましたが バッテリー残量が43%から27%まで減少しました。割とバッテリーの消耗が激しいなぁ...と思いながら帰宅して15℃ほどの室内に数分、バッテリー残量が34%まで回復(^^) 低温時の出力低下が原因だったのですね。冬は出来るだけバッグやポケットの中にしまって置いた方が良いかもしれません。
[PR]
by salgadou | 2012-12-24 11:14 | レンズ | Comments(0)

ライカMマウント デジタル一眼

ふと思い立って「カメラ断捨離」を始めました。
カメラ仲間の忘年会兼オークション大会で、2台のデジカメ(これの白い方これ)を嫁がせ やれやれこれで防湿庫にも隙間が...と油断した一瞬、手元には 新しいカメラが。。。
a0063552_7385949.jpg

世の中では ソニーEマウントと呼ばれているカメラなのですが、なぜか このカメラは「ライカMマウント APS-Cデジタル」となっていました\(^_^)/

さて 昔手に入れたMロッコール28ミリf2.8を装着して 近所を一回り試写してみました。下はf5.6での画像です。
a0063552_21233927.jpg

縮小された画像では判別もできないのですが、写りは十分な印象でした。Mロッコール28ミリは名玉と言われることもありますが、歪曲もなく自分には十分な描写です。フィルム時代のレンズ、それも30年ほども昔の設計のレンズなので あまりきついシャープネスを感じません。画角は ライカ版の42ミリ相当ですから、ちょっと広めの標準レンズといった趣で使いやすいですね。
[PR]
by salgadou | 2012-12-23 07:43 | デジタル一眼 | Comments(0)