統計取ったわけではありません。単に個人的な経験に基づくものです。
自分の場合は全く違うよ! というのは多々あると思います。
人によってはお気に入りのブランドをけなされて....と感じることが有るかも知れませんので
そのような方は 以下をお読みにならない方がよいかと存じます。

ニコン・デジタルカメラの不良遭遇率: ○3台、×4台
クールピクス950:不具合のない内に売却
クールピクス990:保証期限3日前に動作不良、滑り込みで無償修理。
D100:良品、いままで不具合はありません。
D70 : これも良品、不具合は経験していません。
D1X:毎年1回重故障で大井町に入院。
D2H:購入し400ショットほど撮影した時点で、突如撮影不能に。(AFモジュールの動作不良)
D2H交換品:最初からファインダー光学系が狂っていた。フラッグシップ機なのに? MF撮影分は全滅。大井町入院治療でしばらく快調に動くも、半年ほどで今度はAEモジュールの故障で 真っ黒な画像が。 D2HのAFとAEの故障はかなり広汎に発生した模様。ニコン自慢の「高画質のLBCAST」もたった4百万画素なのにISO400からノイズが乗り、ISO800では使い物にならず。オリンピックでプロカメラマンがキヤノンに大量乗り換えし、以来D2Hは ニコンの黒歴史カメラ としてその名を残すことになった....私もこれ以来ニコンの購入が途絶え αマウントついでマイクロフォーサーズへ。。。

サンヨー・コンパクトデジカメの不良遭遇率:○2台、×2台
SX550:当時としては高速起動の130万画素機、レスポンスもよく使いやすい単焦点カメラだったが 1万ショット目前で撮影中に突然死。
SX560:順調に稼働。
SZ3:2百万画素機、爆速起動が売り。バッグの中で突然レンズが飛び出した状態で発熱憤死、原因不明。
SZ3交換品:現在まで順調に稼働。画素数は今となっては少ないが 素直な画質。

ソニー・コンパクトデジカメ&デジタル一眼レフの不良遭遇率:○1台、×2台
F88:知人からのもらい物。最初は順調に稼働するも ある日撮影途中にノイズの横縞模様。ついで暗黒画像。有名なCCD不良品。保証期間はとっくに過ぎていたが無償修理にてその後は順調。
α700:最初購入品はAF不良にて返品。
α700交換品:AFも問題なく順調に稼働。しかしソニーのバッテリーは持ちが悪い。使わなくても保管中どんどん減る。

コニカミノルタのデジタル一眼レフの不良遭遇率:○2台、×無し
α Sweet Digital 白黒2台購入、どちらも現在まで不具合無し。

パナソニックのコンパクトデジカメ・ミラーレス一眼の不良遭遇率:○5台、×無し
ルミックスFT1:広角側描写は良好なるも望遠側の画質が悪い、これは「仕様」のようで もう1台も全く同じ傾向。耐衝撃性は非常に良好で 自転車走行中に胸ポケットから道路に飛び出して数m先まで跳ねても、何事もなかったかのように順調に稼働。
FT1追加購入品:順調に稼働。
ルミックスG1:不具合無し。
ルミックスGH1:同上
ルミックスGF1:同上

ペンタックス・コンパクトデジカメの不良遭遇率: ○1台、×1台
オプティオRZ18:レンズ描写不良、初期不良で返品交換。
RZ18 交換品:レンズの描写も良好で 不具合無し。

歳末大売り出しの福引きでもたいてい外れか 外れ無しの最下等しか引かないのに、デジカメではかなりの確率で不良品を引き当ててしまいます。まあ希有な例かも知れませんが 個人的にはフィルムカメラの頃より作りが雑になっている印象を受けます。
撮像素子を搭載するなど フィルム時代より機構が複雑になっているのが関係しているのかも知れませんし、人件費を浮かすため出荷前検査を簡略化して不良品混入率が上がっているのかもしれません。コンパクトデジカメなどはトラブル箇所の修理ではなく、ごっそり不良箇所ユニットを交換のようです。

買ったカメラは早めにチェック! がデジタルカメラ購入の鉄則ですね。
[PR]
by salgadou | 2012-02-29 19:19 | Comments(2)

得意・不得意がはっきりしていますね。

向いているのは 明るい屋外の撮影。問題を感じたことが今のところ有りません。

向いていないのは 暗いところと屋内撮影

まず 感度を上げるとノイズが多い。これは画素数が多すぎることに起因。更に レンズが広角端でもf3.5と暗いこと。
例えばキヤノンのIXY32Sなら広角端でf2、しかもISO400でもへっちゃら。IXY32Sで1/60秒が切れる条件でも RZ18なら1/10秒くらいのシャッターしか切れません。手ぶれ補正があるとはいえ 人物が動けば被写体ぶれで鮮明な写真は撮れないでしょう。

もう一つ 屋内撮影に向かない理由は オートホワイトバランス(AWB)の補正能力が弱いこと。蛍光灯下の色かぶりが激しいです。白熱灯(電球)でも補正が不十分でオレンジ色にかぶることが多々あります。6年前のフジのFinePix F11より遙かに劣ります。キヤノンはこの点非常に優秀です。
a0063552_1822350.jpg
上は電灯色蛍光灯下での撮影(AWB)。
a0063552_1823817.jpg
ストロボ焚くと まともな色。でもレストランで周囲にお構いなく料理に向かってストロボ焚くのも.... (-_-;)
更にストロボ発光部の位置が悪く、右手でしっかりカメラをグリップして撮影すると 発光部の殆どを指で塞いでしまいます。

なので 室内撮影が多い方は、このカメラは避けた方がよろしいでしょう。
[PR]
by salgadou | 2012-02-25 17:39 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(7)

このカメラの持っているアスペクト比は 4:3、16:9と1:1です。3:2のライカ判比率はありません。(ちなみにニコン1シリーズは 3:2と16:9があるけど そのほかは無し)
a0063552_7562443.jpg

a0063552_757768.jpg

a0063552_7574219.jpg
自分は縦位置撮影は4:3、横位置撮影はPCのスクリーンや大画面テレビに合わせて16:9が殆どです。
1:1画面はあまり使わないですが、昔の二眼レフみたいで面白いとは思います。

RZ18には「グリーンボタン」というのが付いていて このボタンには4種類の異なる機能のうちの一つを選択して割り当てることが出来ます。
自分は「アスペクト比&画素数、露出補正、ホワイトバランス、ISO感度」変更機能を割り当てています。
ISOオートにしていますが、そのオートの範囲をISO80-200あるいはISO80-400, ISO80-800と変更できます。ISO400やそれ以上ですと 極小素子・過剰多画素ですのでノイズが多くなり、自分は80-200を選択しています。手ぶれ補正機能が割と強力なので動かない被写体ならなんとかなります。
プログラムオートで通常撮影しますが、昼間屋外ですとたいていISO80になっています。絞りはほぼ開放でシャッター速度で露出調整が行われます。キヤノンのIXY Digital 10のように いきなりf8で低速シャッター....という奇妙なプログラムではありません。
上記機能の替わりに「動画撮影」機能を割り当てることも可能です。頻繁に動画を撮る人には便利かも。
入門機程度の安い価格ですが使い勝手は上級機並のところがあり、ペンタックスの技術者の気配りがうかがい知れます。

このカメラの弱点は やはり小さな(1/2.3型)素子に 16百万画素も詰め込んで居ることでしょう。それでいてJPEG画像のファイルサイズが 約2~3MBですから かなり強烈にファイル圧縮をしていることになります。そこで微細パターン部分の画像情報を捨てているので、結局は画素数に応じた解像度は出ていないことになります。まあコンパクトデジカメの画像をピクセル等倍で観察するのも、ある種異常行為ですが.... この素子サイズは小型ボディに18倍ズームを搭載するためには仕方ないと納得ですが、画素数を5百万画素程度に抑えておけば、もっとISO感度を上げた際のノイズも少なく、それでいてプリントする際も十分な画素数で「本当の意味の高画質機」になれたのに....とその点はレンズが良いだけにちょっと残念です。まあこれはペンタックスの責任ではなくて、闇雲な多画素化を推し進める撮像素子メーカーに問題があるのですが。。。
[PR]
by salgadou | 2012-02-24 08:14 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(0)

うっかり間違えて アップしたものを削除してしまいましたので、ちょっと加筆して再掲です(汗)。

RZ18には撮影した画像を後から加工できるデジタルフィルター機能が搭載されています。
a0063552_829298.jpg
一番上が元画像、真ん中が「ハイコントラスト」、下が「ソフト」です。
ソフト処理は女性ポートレートや花写真に有効だと思いますし スナップ画像に適用すると「ちょっと薄れつつある記憶の中の映像....」みたいな印象にもなります。
a0063552_8312494.jpg


a0063552_8321127.jpg
「セピア」処理。「白黒」もあります。

a0063552_8324588.jpg
これは「ジオラマ」モード、ボケが急激で少し違和感があります。もう少し緩やかなボケ具合にした方が、ジオラマ感がでたのではないでしょうか?

これらのデジタルフィルター機能は撮影時ではなくて、再生画像に加えることが出来ます。元画像に上書き保存することも 元画像とは別ファイルで保存することも可能です。加工した画像に更に別のデジタルフィルター処理を加えることも出来ます。とても柔軟ですね、ペンタックス。
[PR]
by salgadou | 2012-02-22 13:29 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(0)

元来広角系が好きで あまり望遠撮影はしないのですが、せっかく18倍ズームがついているので どのくらいのものか試してみました。
a0063552_830343.jpg
写真上段は最広角25ミリ相当、中段は最望遠450ミリ相当です。下段はその450ミリ相当の画像右下部分を等倍切り出ししてみました。
ピクセル等倍表示では、すこしチリチリした描写ですが おそらくこれは空気の揺らぎによるものだと思われます。
a0063552_8333121.jpg
建物の壁を撮ってみました。最広角25ミリ相当ですが、直線がまがらずに描写されています。デジタル的な補正なのでしょうが、曲がらないのはありがたいです。

18倍ズームという高倍率ですが レンズの性能はなかなか素晴らしいです。
[PR]
by salgadou | 2012-02-22 08:35 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(0)

使い勝手が良くても、16百万画素もあっても 写りはどうなのさ? という疑問にお答えしなければなりません。

最初の感想 「へ? なんだこれ? 酷い写りだなぁ!」
強力な手ぶれ補正! とWebで評判なのに、望遠で撮るとぼんやりした写り。ピントもきちんと合っていないケースが多い。広角端でピントも深いし手ぶれもまず考えられないショットでも、中心部はまずまずシャープだけど、それは面積的に全体の1/4くらい。16百万画素といっても満足に解像していない部分が大半。

で、結論から言えば 不良品でした。

チェックのため200ショットほど撮影し、購入2日後に再びヨドバシカメラの新宿店へ。えん罪事件の被害者になった厚労省の村木さんにちょっと印象が似た女性店員が全く愛想のない顔に「クレーマーだったら許さんけんね!」オーラ満開で相手してくれましたが、撮影画像をその辺にあったフォトフレーム(←どうでもいいですが、フォトフレームって画質悪いですね)に差し込んで、子細にチェック。フォトフレームでも判るくらいの解像感のばらつきに、「判りました。本体のみ交換します」と交換に応じてくれました。

幸い 交換品は良品で 手ぶれ補正もばっちり、レンズもシャープです。

どれくらい描写が違ったかというと...
a0063552_10846100.jpg
上段が最初の購入品、下段が交換品です。だいたい同じような距離からマンションの壁を撮ったものです。ピクセル等倍画像の切り抜きです。
16百万画素の画像をピクセル等倍で鑑賞するのはあまり現実的ではないのですが、下段の画像はそれにも耐えうるクオリティを持っています。購入時1万円ちょっとの安い値段なのに、きちんと組み立て調整されたペンタックスのレンズは凄い!!
[PR]
by salgadou | 2012-02-21 10:15 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(0)

このカメラ、外見はちょっと大きめのコンパクトデジカメとしてナンの変哲もないのですが、機能はかなり充実しています。
特に フォーカスに関するモードが低価格のコンパクトデジカメとは思えないほどに充実。マクロボタンを押すと
****
AF
マクロ
スーパーマクロ
パンフォーカス
無限遠
マニュアルフォーカス(撮影距離設定可能)
****
と選べるようになっています。「パンフォーカス」や「無限遠」「マニュアルフォーカス」モードは金網越しや水滴などが当たる窓ガラス越しの風景撮影に便利です。スナップでも いちいちAFでのフォーカス合わせのタイムラグが生じないので直ぐシャッターが切れます。しかもこれらのモードをスイッチを切っても覚えておくことも可能、勿論スイッチを切るとAFに戻るように設定することも出来ます。

そのほか連写関連も 単写から低速~高速の連写まで選べます。ストロボ関連も非発光や赤目軽減など各種。
これらの「設定」をスイッチを切っても保持するか、スイッチを切るとデフォルトに戻るのかも、選べます。

どの機能を保持し、どの機能をスイッチオフでキャンセルするか、項目毎に選択できます。今までペンタックスのコンパクトデジカメは使ったことがないのですが、他社機ではみられないきめこまやかさです。

機能面で残念なのがストロボの位置。右手だけでしっかりグリップして写そうとすると、必ずストロボ発光部を指で半分ほど隠してしまい 影が写ります。大きなレンズをつけたため、ストロボ位置に制限が来たのでしょうね。ストロボ発光の際は右手親指を底面に当て 人差し指をシャッターボタンに、親指と人差し指でカメラをつまむように持たなければなりません。自分はストロボを使う頻度は非常に低いので 個人的にはあまり問題にはなりません。

ちなみに外装はプラスチック。キヤノンIXYみたいな高級感はありません。でもプラにも良いところがあって 冬場の寒い時期でもカメラが冷たくないんです。

持ちやすくするためにプチ改造してみました。
a0063552_18581083.jpg
ワインの栓を縦に切って強力両面テープでカメラボディに貼りました。かなり持ちやすくなります。315円で買ったダイソーのケースにも入ります。
a0063552_18592615.jpg

[PR]
by salgadou | 2012-02-20 18:42 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(0)

実は昨年春にアップしたルミックスFT1は 一昨年末に買ったもので、昨年は1台もデジカメ・デジタル一眼カメラを買いませんでした。ようやく病気が治まってやれやれ....と思っていたのですが、花粉が飛び出す頃になると再発して....

買ったのはこのカメラです。ペンタックスのOptio RZ18。ヨドバシカメラで12800円+ポイント10%でした。
a0063552_17374444.jpg
広角25ミリ相当から望遠450ミリ相当までの18倍ズーム。
a0063552_17381640.jpg
↑ 広角25ミリ相当のレンズ繰り出し量。
a0063552_173840100.jpg
↑ 望遠450ミリ相当のレンズ繰り出し量。
レンズ収納時の厚みは35ミリくらいですので、高倍率ズーム機も薄くなったものです。

a0063552_17423469.jpg
難点は三脚穴の位置かも。ポケット三脚では安定しないでしょう。

a0063552_17431156.jpg
でも グリップつけるには好都合(^^)

1/2.3型撮像素子で なんと16百万画素!
なんて素晴らしい\(^_^)/ ・・・・ってことはありません。意味のない多画素です (-_-;)

つづく...
[PR]
by salgadou | 2012-02-19 17:40 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(0)

幻のレンズ....

ようやく今年初登校 初投稿です(汗)
といっても結局は手元にない幻のレンズですが....

a0063552_16424976.jpg
手前にあるルミックスG14ミリf2.5です。小型薄型軽量でなかなか魅力的、しかも程度の良い中古で中野のカメラ屋さんから嫁いできて17千円ちょっと。

で GH1に取り付けて試写、うーん どうも結果が今ひとつ。特段像の流れはないのだけど、結像が緩いというか... 三脚にがっちり固定して G1のキットズーム14-45mmの広角端と比較してみました。周辺光量だけはズームより良好なのですが、コントラスト・シャープさともズームの方が(同一f値で)しっかりしています。まあ ズームが当たりの品で この14ミリがちょいと外れだったのでしょう。残念ですが実家にお引き取りということになりました。

余談ですが 後ろのG1に取り付けたG20ミリf1.7には、オリンパス17ミリ用のドームフード(@エツミ)を取り付けています(46→37ミリ ステップダウンリングを介して)。ケラレは勿論ありません。このフード、G14ミリに着けて GH1で撮影してもケラレはありませんでした。
[PR]
by salgadou | 2012-02-15 16:44 | レンズ | Comments(2)

撮影に使っている機材を紹介致します。