オリンパスのE-P1に続いてパナソニックからもGF1という小型のマイクロフォーサーズ機が発表されました。大きさは両者ほぼ同じで 重量はGF1の方が50g軽い。
a0063552_18231235.jpg

E-P1は昔のオリンパス・ペンのイメージに必死にすがるような印象を受けて(とはいえ、似せても非なるものは明らか)あまり食指が動かず、パナソニックの方が魅力的に見えます。
ストロボ内蔵。更に着脱式のEVFも用意されるようです。
パンケーキレンズもオリンパスのf2.8に比べて一段以上明るいf1.7で 大きさ・重さはあまり変わらない様子。
ただ 撮像素子をけちったのか GH1の対角画角一定の縦横比変更モードではなくて G1と同様のトリミングによる縦横比変更ですね。
動画も1080pをカバーせず 720pのみ。最新製品なのにGH1より性能を落として出すのはどういう意図なんでしょうか?
さらなる後継機種で GH1同様の対角画角一定アスペクト比変更と1080p動画を搭載する予定??

パンケーキ20ミリf1.7はボディとのキットで買うと実質1万8千円程度なのに 単品では量販店の実売価格で3万8千円くらい(希望小売価格は税込みで52500円)。キットで買いなさい! というメーカーのメッセージなんでしょうね。

ゴミが付きにくいマイクロフォーサーズの利点を生かして もっと単焦点レンズを充実させて欲しいですね。個人的には12ミリf2.8程度の小型(薄型)レンズが欲しいところです。

細かい点ですがGF1の背面液晶は46万ドットのようです。オリンパスのE-P1は23万ドット。大きさはどちらも3型です。

ボディの色は黒赤白の3種類。白もシックだと思いたいのですが...てっぺんが黒いままなのはちょっと違和感あります。
a0063552_19594990.jpg


More
[PR]
by salgadou | 2009-09-02 18:30 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(18)

撮影に使っている機材を紹介致します。