<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ルミックスG1のキットレンズでどこまで寄れる?

最短撮影距離30cmとなっています。
手近なところで 携帯電話を写してみました。
a0063552_22371622.jpg

本格的なマクロレンズには遙かに及びませんが、日常的なメモ程度なら十分ではないでしょうか。

更に近寄りたいときには...

フィルター径52ミリなので ニコン用に持っているクローズアップレンズの中から
No.2を着けてみました。
a0063552_22411924.jpg

中心部はまあきちんと描写しているようです。


ついでにパンジーも。
a0063552_23165365.jpg


a0063552_231745.jpg


旅行で 風景やスナップのついでに マクロ的な撮影も...というのであれば クローズアップレンズでもそこそこいけると思います。
[PR]
by salgadou | 2009-01-25 22:38 | レンズ | Comments(4)

ルミックスG1にはマクロレンズがない ? そこで対策

勿論 フォーサーズ→マイクロフォーサーズ アダプターを買えば、オリンパスの50ミリや35ミリのマクロレンズが使えるのですが、ここではライカマウントのレンズを転用してみました。

a0063552_11253450.jpg


たぶん引き伸ばし用途だと思うのですが、10年ほど昔中野の日東商事で L39マウントの中間リングを買っておいたのが 役に立ちました。
沈胴させた状態で 通常撮影がほぼ支障なくできます。 で レンズを引き出すと

a0063552_11271886.jpg


この状態で どれくらいの大きさに写るかというと、、、

a0063552_11284234.jpg


ほぼこのくらいまでいきます。マクロレンズにはかないませんが、実用上十分な近接能力が得られます。
エルマー50/3.5は高性能レンズとは言えないかも知れませんが、対称系のシンプルなレンズ構成なので近接撮影時も比較的像の崩れは少ないですね。

このセットで 梅を撮ってみました。

a0063552_11502967.jpg

絞り:f4

マクロレンズほどの切れ味はないですね。ボケはうるさくないので 使いやすいと思います。
[PR]
by salgadou | 2009-01-12 11:31 | 接写用具 | Comments(11)

ルミックスG1に純正ストロボ ??

パナソニック同士の組み合わせなんですけど....

a0063552_11234188.jpg


このPE-28Sというストロボは汎用タイプで、同じパナソニックといっても全自動で撮影できるわけではありません。
でも TTL自動調光にこだわらなければ、外部調光のストロボって案外便利なんですね。
ニコンのD70なら 1/8000秒までストロボ同調しますので、屋外撮影でレフ板替わりに使うことも可能です。
αマウント機以外のメーカーのカメラにはどれにもダイレクトに装着できますし、普通の撮影なら外部調光でもあまり不自由ありません。
(αマウント機の場合は 専用のアクセサリーを装着すれば使用可能です)
特に このPE-28Sは「マクロ撮影専用調光モード」があって 近接撮影には便利です。
発光部のすぐ下にマクロ用の受光部があります。
またスレーブユニット内蔵で スレーブストロボとして使うことも出来ます(ただしフル発光のみですが)。

G1との比較で大きさはおわかりと思いますが、比較的小型です。横位置撮影で天井バウンスも可能です。

大森の中古カメラ屋で 1500円で入手しました \(^o^)/
[PR]
by salgadou | 2009-01-11 11:28 | ストロボ | Comments(0)

ルミックスG1のキットレンズ

いきなり マウントアダプターでライカレンズの話を始めてしまったのですが、一旦話を戻して
キットになっているパナソニックのレンズについて。

レンズ単体での販売はなされていないようなので、このレンズの価格はわかりませんが、ボディだけの価格とレンズキットの価格差からは、だいたい1万円前後のようです。
とても軽くて(200gもしない) 小さな可愛いズームなのですが、写りは割と良好です。
切れ味鋭い、というほどでないですが、ほどほどに過不足無い写りをします。
ごく四隅を除いては それほど不満のない写りで、像の流れなどは見られません。

広角端の歪曲がとても少ないのは(ゼロではないけど)このレンズの美点だと思います。パナソニックお得意のデジタル歪曲補正という意見もあるようですが、ファインダーを覗いた時点であまり歪曲が感じられませんので、レンズ設計がかなり優秀だと思います。ミラーの無いボディで、フランジバックが極端に短い(約20ミリ)ことが寄与しているのでしょうか。
ちなみにこのレンズには手ぶれ補正機構が内蔵されています。

a0063552_1144790.jpg



フードも花型で 割と深くて 遮光性能が良さそうです。ただフードを下にしてレンズを置くことは出来ず、リアキャップをつけて立てるか 横にするしかありません。

たまたまレンズのフィルター径が52ミリなので、ニコンのフードを試してみましたらHN-3が適合しました。これはニコンの35mm用のフードなのですが、手持ちのニコンフードの中では最適でした。
50mm用のフードではけられます。24mm用のHN-1や28mm用のHN-2でもいいのですが、浅い分だけ遮光性能が少し低くなります。
で 都合の良いことにHN-1, 2, 3のフードには72mm径のレンズキャップが直接取り付け可能です。フードにはネジが切ってあるわけではないのですが、反射防止のための溝が切ってあり これがレンズキャップにうまく噛み合ってくれます。

a0063552_11135897.jpg

[PR]
by salgadou | 2009-01-08 11:14 | レンズ | Comments(0)

新年おめでとうございます。

昨年は休止期間中もお越し頂き有り難うございました。 本年は ぼちぼち やっていきますので、気が向いたときにでもお越し頂ければ幸いです。
a0063552_1213378.jpg

[PR]
by salgadou | 2009-01-01 12:28 | Comments(8)