<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

手入れ道具

たいしたものではありません。ブラシはダイソー100円雑貨の商品です。
綿棒は無印良品で買いました。昔はここでしか買えなかったのですが、今はドラッグストアの化粧品売り場・綿棒コーナーに普通においてあります。
a0063552_5282851.jpg

片方は普通の綿棒と同じ丸い形ですが、もう片方は円錐状になっています。先がとがっているので カメラのファインダーなどを隅まで掃除することが出来ます。ストロボの外部調光受光窓などは この綿棒でないと掃除できません。
カメラを掃除したあとは その綿棒で(たいして汚れてはいないので)ドアスコープを掃除します。これで 怪しい訪問者をクリアーな視界で識別できます (^^;)
[PR]
by salgadou | 2007-01-25 05:30 | 小物類 | Comments(7)

ストロボ@ニコン

D2HとSB-24の組み合わせです。
a0063552_1244685.jpg


デジタルになって ISO感度をカメラ側で調節できるので ストロボの使用機会は減りました。
とはいえ 光量の充分でない室内でスナップなどとる場合は 重宝します。
ニコンにはデジタル一眼レフ対応の SB-800やSB-600という最新のストロボも当然ありますが、旧タイプのストロボも使用可能です。
ただし TTL自動調光が効かないので、外部オートストロボとしての使用になります。ニコンの場合外部オートでも調光機能が優秀なので 接写などの特殊な場合を除いては一般に使用するのに充分です(特に 天井バウンスなどの撮影では最新ストロボとあまり変わりないでしょう)。

サンパックなどのサードパーティ製ストロボと比較しての利点は、ISO感度がデジタル一眼レフ本体と連動している点にあります。本体側でISO感度を変更しても 自動的にストロボ側に反映されます。 その一方 レンズの絞り値はストロボ側に反映されません(これが TTL調光との大きな違いです)。この点は一見不都合なようですが、絞りを変更することによって ストロボ発光撮影時の露光量を簡単に調整できますので かえって使いやすい場合もあります。
SB-24やSB-25では 絞りは何種類(何段階)か選べます。勿論絞りにより 撮影距離の制限はある程度受けますが。また 発光部の照射角も24ミリ相当から85ミリ相当まで変化させることが出来ます。
[PR]
by salgadou | 2007-01-22 01:31 | ストロボ | Comments(7)

ストロボ

ストロボというのは固有名詞が一般に使われた例で、ホチキス・テープコーダーなどと同じ事例ですね。ニコンでは わざわざスピードライトと言いますし。
今回は コニカとミノルタの協業の事例です。
a0063552_10191020.jpg

コニカのヘキサーRFに ミノルタのXシリーズ用のストロボを装着。 ヘキサーRFには純正のストロボ(パナソニックのPE-20をベースにしたもののようです)がありますが、この組み合わせは純正とまったく同様に作動します。

a0063552_10204095.jpg

カメラ本体と接触するピンが2本しかありません。ヘキサーRFのボディの方も同様です。発光用の主接点(中央)と もう一つ 充電状態を検知するピンがついています。
ヘキサーRFは90年代のカメラなのに ストロボ調光がTTL制御になっていません。純正仕様は、単に「ストロボの充電が完了し 発光準備が出来たら 絞り優先オートの場合 シャッター速度が1/125秒に固定される」というだけのものです。で、充電状態検知ピンの位置が ミノルタのXシリーズ一眼レフカメラと同じだったのです。
このころから 会社合併の下地が・・・(^^;)
[PR]
by salgadou | 2007-01-16 10:24 | ストロボ | Comments(2)

初期のAFレンズと輪ゴム

ミノルタやニコンの初期のAFレンズは ピントリングの幅がかなり狭くなっています。
AF動作時にピントリングが指に触れないように配慮したのでしょう。
a0063552_183261.jpg


ただ MFを多用する場合は指がかりが悪くて 使いにくく感じることがあります。
そこで 100円ショップの幅広輪ゴム登場。
a0063552_194923.jpg


このようになり MFが幾分やりやすくなります。
a0063552_110404.jpg


なお この50/1.4などのフィルター径49ミリのレンズや 50/2.8マクロのようなフィルター径55ミリのレンズには ステップアップ/ステップダウン リングで フィルター径を52ミリに統一しています。ニコンのスプリングタイプのフード(HSシリーズ)を装着するためです。
[PR]
by salgadou | 2007-01-08 01:09 | Comments(4)