<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ARUKASの自由雲台

ARUKASの名前を聞いて メーカーが思い当たる人は少ないと思います。

a0063552_10391071.jpg

このブランドで 雲台や三脚が売られていました。いずれも がっしりした骨太のつくりです。

a0063552_10401199.jpg

つまみやレバーが合計5個もついています (^^;)
カメラ装着部は クイックシュー方式になっています。丸型なので くるくる回ります。パノラマ風景写真を撮るのに便利ですね。

ARUKASの綴りを逆にすると...SAKURA になります。サクラ(フィルム)つまり コニカの写真用品ブランドでしたが、21世紀を待たずしてこのビジネスは終止符を打たれたようでした。 そして ついにコニカは カメラそのものの供給もやめることに...

カメラ・フィルム・写真用品と幅広い製品群を持ち、写真業界では規模が大きかったコニカがビジネスから撤退し、それより規模の小さいペンタックスがデジタル一眼レフで頑張っていることを思うといささか複雑な気持ちです。
[PR]
by salgadou | 2006-10-26 10:45 | 三脚・雲台 | Comments(5)

FinePix F11のバッテリーの持ち 続編

かなり長持ちすることがわかったので、北海道の旅行に持ち出して見ました。 1GBのxDカードで1250ショットほど撮影して(3百万画素モード)、まだ残量表示は3セグメントのうち、一つ減っただけでした。
いやぁ 想像できないほどバッテリーは長持ちします。撮影スタイルは、「ストロボ不使用・起動してすぐ1~2ショット撮影・すぐに電源オフ」というものです。かなり省電力な使用方法だと思いますが、このスタイルでサンヨーMZ3は400ショット前後ですから、FinePix F11のバッテリーライフは超優秀だと思います。

ところで FinePix F11は全体的に明るめに写ります。個人的な好みからは 1/3~1/2EVほど露出を切り詰めたいのですが フルオート(プログラム露出)では 露出調整のモードが見つかりません。露出モードをマニュアル・絞り優先・シャッター優先にして 初めて露出補正が可能になるようになっています。ただし、露出補正は電源をオフにしても保持されます。
サンヨーMZ3では 4方向キーで直接露出補正が可能(どの露出モードでも)、そのかわり電源をオフにすると露出補正はキャンセルされます。このあたりは設計思想の違いでしょうね。
[PR]
by salgadou | 2006-10-16 06:17 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(5)

FinePix F11のバッテリーの持ち

600ショットを少し超えたところまで来ましたが 電池のインジケータ3個のうち1個が欠けた表示です。
もうしばらく使えそうですが、明日から旅行を控えているので 充電してしまいました。
旅行中の撮影で 再度バッテリーの持ちを確認してみます。
[PR]
by salgadou | 2006-10-04 21:43 | コンパクトデジタルカメラ | Comments(0)

JTT社のD2H用互換バッテリー 続報

当初購入したバッテリーは 不良品 でした。 100ショットほど撮って その後4週間ほど放置していたら、いきなり「残量ゼロ」で ステータス液晶の表示すらしなくなりました。
で 充電器に差し込むと いきなり50%充電済みのLED表示、さらに半時間ほど充電すると もうすでに 100% の表示。 純正バッテリーでは そのようなことはありません(30分では およそ30%くらいの残量に回復)。
販売業者のイケショップは 状況と伝えると 交換に応じてくれました(返送の送料は当方負担)。

で 次にやってきたのが 容量をアップした改良型。 ラッキ~と喜んだのもつかの間、これも 不良品でした。 カメラに差し込んでチェックすると すでに「劣化度 1」
受領したものは容量67%の表示(カメラの残量表示機能にて)。しかし これを30分充電しても 72% までしかあがらず、さらに12時間充電したのに 73% にしかなりません(充電器の表示では100%充電になっているのですが)。

再度交換してもらいました。これも 最初から「劣化度 1」になっていましたが、イケショップからの回答ではこれに こだわらないでくれ、往々にしてあることだから とのことでした。先方にて100%充電し 容量をチェックしてもらったものです。 650ショットほど撮影して 残量25%、少し減るのが早いですが まあ こんなものかと。 で 2週間ほどしてスイッチ入れると 残量が瞬時に 5%と変わりました(汗)。 一応 これを2時間ほど充電すると 100% になりましたが、今度は 「劣化度 2」に。 1回の充電につき 劣化度が1段階進む??

α Sweet Digital 用のバッテリーにもこのJTT社のを使っています。こちらは 残量%表示などという凝った仕掛けは無いので まあまあ使えています(純正品の7割程度の撮影可能枚数)。
ニコンのD2シリーズ用のバッテリーについては JTT社の互換商品は避けたほうがよさそうです。
a0063552_1750504.jpg

[PR]
by salgadou | 2006-10-01 17:51 | バッテリー | Comments(6)