<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ニコンシリーズE 100ミリf2.8

1980年ころニコンからF一桁3代目の「F3」とあわせて 小型軽量絞り優先オートのみの
EMが発売されました。
このEMにあわせるように 小型軽量安価な数種のレンズが シリーズE として発売されました。
28mm f2.8(海外のみ)、35mm f2.5、100mm f2.8、36-72mm f3.5、75-150mm f3.5、
70-210mmf4 などです。
安価ゆえにニッコールの称号を与えられなかったのですが(材質も金属鏡胴のニッコールに
対して 一部プラスチックを用いた)、写りはきちんとしたものです。
安価版とはいえ、現在のAFニッコールより造りはきちんとしているように思います。

a0063552_16511365.jpg


a0063552_1653874.jpg

ちょっと硬質な印象を受けますが、シャープさについては非常に良好と思います。
ニッコール105ミリf2.5と比べて 重量が半分ほどにすぎず 軽量である点もメリットです。
[PR]
by salgadou | 2006-04-29 16:54 | レンズ | Comments(4)

Ai 改造ニッコール 105ミリf2.5

ニコンの中望遠を代表するレンズですね。
「かっちり写るニッコール」の代表ではないでしょうか。
1954年の初代登場から 1度だけレンズ構成の変更を受け 現在に至っています。



a0063552_8345536.jpg


a0063552_8362933.jpg


謹厳実直、よく写ります。 ボケが特段うるさいとか固いということもありません。
これで 最短撮影距離が1mではなく 0.6~0.7mなら稼働率がぐんと上がるのですが。。。
[PR]
by salgadou | 2006-04-26 08:37 | レンズ | Comments(6)

AFニッコール85ミリf1.8

ポートレート用のレンズとして好適なのですが、花マクロではあまり出番がありません。
昨年春 一度だけ桜の撮影に使ったことがあります。
a0063552_10543589.jpg

a0063552_1056454.jpg

描写は素直で ボケ味も悪くないので 中間リングを挿む手間をいとわなければ 花マクロにも充分使えますね。
[PR]
by salgadou | 2006-04-24 10:57 | レンズ | Comments(5)

中望遠フェチ?

... フェチってほどじゃないですけど、割と中望遠が好きで つい集めてしまいます。
世の中には 自分の年齢ほどの数の標準レンズを集めている・・・・という方も居られますので、自分はまだ 健全である と信じておりますが。。。(^^;)

a0063552_14321948.jpg


焦点距離別に縦に並べました。
左端の列から 上→下に
(1) Aiニッコール 85/2, AFニッコール85/1.8
(2) エルマー90ミリ f4、Mロッコール90ミリf4、コンタックスG用ゾナー90ミリf2.8、コシナ・フォクトレンダー アポランター 90ミリf3.5(ニコンマウント)、タムロン90ミリf2.5(52BB ニコンマウント)、タムロン90ミリ f2.8(72E ミノルタαマウント)
(3) Aiマイクロニッコール105ミリf4、Ai改造ニッコール105ミリf2.5、ニコン・シリーズE100ミリf2.8
(4) ヘクトール135mm f4.5、Aiニッコール135ミリf2.8、AF DCニッコール135ミリf2
(5) AF EDニッコール180ミリf2.8

こうしてみると 90ミリが多いですね。けれど ニコンには90ミリという焦点距離のレンズが存在しないんですね。
なので D2Hなどのマニュアルレンズ設定で 90ミリの項目がありません。仕方ないので 86ミリで近似的に設定しています(Exifへの書き込みなど)。

使用頻度は 最近は
Tamron 90mm f2.8(AF) > Tamron 90mm f2.5 (MF) >>・・・となっています。
どちらも今年になってから入手したレンズで 昨年までは
マイクロニッコール105ミリf4 > アポランター90ミリf3.5 > ・・・でした。
花のマクロ写真が多いので、どうしても「寄れるレンズ」の出番が増えてしまいます。

一度も実写していないのが コンタックスG用のゾナー90ミリf2.8(汗)。 エルマーやヘクトールみたいにレンズヘッドが外れれば デジタル一眼レフで使えるのですが。。。
カナダに勇気ある人がいて このゾナー90ミリの鏡胴を金鋸でごりごり・・・M42マウントに改造しておられます。ただ 中間にはさめるヘリコイドリングの可動範囲を大きく取れないので、遠景用・近接用と使用状況を区分する必要があるようです。
[PR]
by salgadou | 2006-04-23 14:47 | レンズ | Comments(13)

カメラバッグ

ちょっぴりバッグフェチなので カメラバッグも ニコン製や用品メーカー製を持っているのですが、
「帯に短し たすきに長し」の時が多いんです。で 自作のカメラバッグとなります。

a0063552_749468.jpg

といっても 簡単なもので、これは ダイソーのトートバッグ(210円)に
HAKUBAのクッションボックス(ヨドバシカメラで1000円ちょっと)、それに ダンボールの
切れ端を組み合わせただけ。

a0063552_751187.jpg

ニコンD2Hに135ミリf2、180ミリf2.8、12-24ミリf4の3本を入れてみました。
割と太目のレンズでも収納できます。
利点は (1) 安い (2) 軽い (3) カメラバッグに見えないので ドロボーの目につきにくい
というところでしょうか。

a0063552_7542122.jpg

他に2つほど、機材に応じてこしらえています。欧州の撮影旅行にも
役に立ってくれました。
[PR]
by salgadou | 2006-04-03 07:56 | バッグ | Comments(10)

ストラップ@結局自作

軽量のα Sweet Digital 用に 短いストラップを自作しました。
革は東急ハンズで 幅10ミリのものを購入しました。(15ミリの方がいいかもしれません)
肩から提げて ひじで体に押し付けるように固定します。
ブラブラしないので 歩いているときも安定します。
ただし首から提げるのは窮屈で 出来ないことは無いのですが
救助用のウイスキーの小さな樽を提げたセントバーナード救助犬スタイルになります(笑)。
a0063552_1518512.jpg



カメラへの取り付け部分には 組み紐を使っています。ある程度ねじれを吸収してくれます。
ここにもう少し長い紐を使うことで 全体の長さを調節できます。
すれて切れやすくなってきたら この部分だけ交換。
手芸品店で 1mあたり150円程度です。
a0063552_15183298.jpg

[PR]
by salgadou | 2006-04-02 15:18 | ストラップ | Comments(10)