カテゴリ:マウントアダプター( 7 )

ヘリコイド付きマウントアダプター (ライカM→ソニーE)

ライカM→ソニーEマウントアダプターは既に持っているのですが、ライカマウントのレンズは最短撮影距離70cmが限度でそれ以上近づけません。

ということでヘリコイド内蔵マウントアダプターを追加しました。
a0063552_2015231.jpg

a0063552_17442650.jpg

eBayで4千5百円ちょっと。円高の頃なら3千5百円くらいで買えたかも。。。
重量は41gと軽量です。この種のアダプターではコシナのものが最高級とされていますが、お値段は3万2千円ほどで重量も125gと重たいです。
まあ 軽い分だけ簡略な構造になっているのでしょうが、ヘリコイドの動きも僅かにかすれ感があるものの許容できるスムースさです。
レンズを装着して確認すると、ほんの僅かにオーバーインフとなっています。

a0063552_17483771.jpg

a0063552_17571651.gif


コシナ・フォクトレンダーのノクトン40ミリf1.4に装着してみました。このレンズでは最短撮影距離30cm弱くらいになります。
アダプターの厚さはおよそ9.3~14.4ミリで変化します。約5ミリの繰り出し量です。

SWH15ミリf4.5では強烈で、レンズ前5cm以内まで寄れます。

これで広角~標準系のライカマウントレンズについては「寄れない不満」がほぼ解消しました。

実際に...
[PR]
by salgadou | 2015-06-03 17:58 | マウントアダプター | Comments(2)

ニコンレンズ→ソニーEマウントアダプター 追加 : ヘリコイド内蔵タイプ

既に2個持っているのですが、3個目を追加しました。今度のアダプターは
- 絞り環を持たないニッコールGレンズでも 絞りを操作できる
- ヘリコイドを内蔵している
の2点でこれまでのものと違っています。

自分はGタイプのレンズは持たないので、当面の目的はヘリコイドを使用することです。
a0063552_21145262.jpg
一番縮めた状態で 28ミリの厚さです。この状態で、当然無限遠からの通常撮影は可能です。
a0063552_21171972.jpg
ヘリコイドを一番繰り出した状態で35.5ミリほどの厚さです。
* カメラにM42ヘリコイドシステムが装着してありますが、これは本題とは関係ありません。

ニッコールレンズにはそもそもヘリコイドが着いてるじゃないか?...という疑問はもっともなのですが、このヘリコイドを必要とするレンズがあるのです。
a0063552_21181099.jpg
マイクロニッコールAi AF60ミリf2.8です。
勿論このレンズにも等倍までレンズを繰り出すためのヘリコイドは着いているのですが...動きが粗いのです。特に無限遠~3mくらいまでのピント調節は非常にやりにくい。ピントリングをちょっと動かすだけで大幅にピント位置が変わります。「粗動ピントリング」なのです。

なので 細かいピント合わせにこのマウントアダプターに内蔵されたヘリコイドを使います。結果は良好でした。ただ マウントアダプターのヘリコイドは「ライカ・キヤノン・ミノルタ・オリンパス回し」で ニコンとは逆なんですが。。。

マウントアダプターを一番縮めた位置で無限遠撮影が可能です。またレンズをめいっぱい繰り出した後、このマウントアダプターのヘリコイドで更に繰り出せば、そのレンズ本来の最短撮影距離よりぐっと被写体に寄ることが出来ます。

Ai50ミリf2の最短撮影距離(45cm)での 撮影では ↓
a0063552_2124449.jpg

更に マウントアダプターのヘリコイドを繰り出せば ↓
a0063552_2125941.jpg


もうひとつ シリーズE100ミリf2.8の最短撮影距離(1m)での撮影では ↓
a0063552_21255820.jpg

これにマウントアダプターのヘリコイド操出を加えると ↓
a0063552_21262661.jpg


つまり7.5ミリまでの無段階厚み可変の中間リングを常時装着しているようなものです。
広角レンズだと更に接写効果が高くなりますが、手持ちのAi改ニッコールオート24ミリf2.8は部材の干渉があるようで装着できませんでした。

昔からよく知られている接写の方法として、「リバースアダプターを使ってレンズを逆向きにカメラに装着する」やり方があります。収差補正の面からもなかなか好ましい面があるのですが、大きな問題として「撮影距離が変えられない」ことがあげられます。レンズを逆向きに取り付けた段階で被写体との撮影距離は固定され、ピント合わせはカメラか被写体(←動かせる物なら)を前後させるしかありません。
ところがこのヘリコイド内蔵マウントアダプターなら ある程度レンズ側でピント合わせが出来るようになります。

フランジバックが従来の一眼レフより極端に短くなったミラーレス一眼が登場したおかげで、いろいろ便利な小物が出てくるようになりました。
[PR]
by salgadou | 2014-03-25 21:29 | マウントアダプター | Comments(2)

マウントアダプター追加

RAYQUAL(宮本製作所)のライカM→ソニーEマウント用マウントアダプターを追加しました。
a0063552_1044234.jpg
外箱は「近代インターナショナル」なのですが 中身は宮本製作所のRayqualです。ヨドバシカメラの通販で昨日午後に注文して本日午前中に届きました。税込み15750円でこれにポイント10 %がつきます。

Rayqualのライカレンズ用マウントアダプターはマイクロフォーサーズ用を持っていますが、精度の点で満足しているので 今回追加しました。

あれ?NEX-3にはライカレンズ用マウントアダプターが付いてきたんじゃ?... セットでとても安価に譲っていただいたので文句はないのですが、精度面ではちょっと使いにくい点がありました。

マウントアダプターの精度って?
一つには 「ガタ」の有る無し。主にバヨネットのロックピンや嵌合面の精度に拠るようです。精度が十分でないと遊びが出て ピントリングを回すす際レンズが少しがたがた動きます。でも前後のガタではないので ピント精度には余り支障はありません。

もう一つは「厚みの精度」 これがNEX-3に着いてきたものは不足していました。安価なマウントアダプターに多く見られますが、少しだけ厚みが足りません。レンズのピントリングを無限遠にすると、オーバーインフになります。少し繰り出したところで無限遠にピントが来ます。ある種の「安全度」を見ているわけです。厚すぎると無限遠でピントが来ません。それを避けるには、ぴったりの厚さにするのが一番なのですが....精度を高く作るとコストが上がる、低コストで作るには少しだけ薄めに作っておけばよい、ということです。
ファインダーや液晶画面を見ながらピントを確認して撮影する場合 余り問題になりません。少しだけピント操作の繰り出し量が増えるだけです。
ただし 広角系のレンズを着けて レンズの距離目盛りを目安にして置きピン撮影をする際は問題になります。例えば5mの位置にある被写体を撮るのに レンズの距離目盛りを2mちょっとにしておかなければならない....なんてことが起こります。ややこしいわけです。
Rayqualのマウントアダプターは特段安くないですが、この点の精度は満足できるので追加購入しました。

最近では厚さ可変のマウントアダプターも出てきました。マウントアダプターにヘリコイドを組み込んだものです。ライカ用レンズは最短撮影距離が70cmとか90cmとか連動距離計の限界で近距離の撮影が出来ないものが割と多いですが、アダプターに組み込んだヘリコイドで更にレンズを繰り出すと50cmとか広角系レンズでは30cmくらいまで最短撮影距離が縮まります。従来の一眼レフ用レンズくらいの近接撮影が可能になるわけです。

もう一点精度に関するものは 撮像面とアダプターフランジ面の平行度に関するものですが、これは安価なアダプターを含めてまだ問題のある品物に遭遇したことはありません。逆に平行度を意図的に変えるマウントアダプターも最近では出現しています。フランジバックの長い一眼レフ用レンズをミラーレス一眼に装着した場合、かなり厚いマウントアダプターを使うことになりますが、その厚みを利用してそこにティルトやシフトの機構を組み込んだものです。高価なシフト&ティルトレンズを使わなくても 一眼レフ用のレンズとAPS-Cやマイクロフォーサーズのミラーレス一眼を組み合わせることで、シフトやティルト撮影のシステムが安価に構築できるわけです。しかもミラーレス一眼のピント拡大機構を使えば、従来の一眼レフのファインダーより厳密なピント合わせが簡単にできます。

注意事項!
[PR]
by salgadou | 2013-02-05 11:12 | マウントアダプター | Comments(0)

パナソニック ルミックスG1に ライカMマウントアダプター

まっ このアダプターの存在を知ったので マイクロフォーサーズのG1に手を出すことになったわけでして....
a0063552_19221078.jpg


大きさはこんな感じ...
a0063552_19225030.jpg

比較のためにIXY Digital 10と一緒に撮ってみました。ところでIXY Digital 10が16800円、この輪っか(アダプター)が14700円。 ううむ金銭感覚が狂いそう...

で 早速ズミクロン50ミリf2をつけてみました \(^o^)/
a0063552_19253747.jpg

a0063552_19273573.jpg

ズマール50ミリf2やら 赤エルマー50ミリf3.5もあとに控えています。。。
[PR]
by salgadou | 2008-12-25 19:27 | マウントアダプター | Comments(4)

当然のことながら...

M42(ペンタックス)のベローズも装着可能です。

a0063552_2217694.jpg


ショートヘリコイドにつけたヘクトール135mm f4.5の場合、無限遠の撮影ではピントが
来ません(残念)。 3m以内なら大丈夫。ということで 花の撮影にはおおかた支障ありません。

さて 天気もよくなってきたので この組み合わせで 梅を撮ってみました。

a0063552_22195184.jpg


ファインダーも見やすく ピントの山もわかりやすいです。
今度は 水仙を....

a0063552_22205123.jpg

色も濃い目に出ます。50年以上前のレンズとは思えない しっかりした描写です。
[PR]
by salgadou | 2006-03-01 22:18 | マウントアダプター | Comments(2)

マウントアダプター買いました。

ミノルタαマウントに M42スクリューマウントレンズを取り付けるためのアダプターです。
これで 古いペンタックスのレンズもつけることが出来ます。

a0063552_9125221.jpg


勿論 更に ライカL →M42アダプターを介して スクリューマントのライカレンズを
つけることも出来ます。
露出計も連動しますし、絞り優先オートでの撮影も可能です。

a0063552_914070.jpg

[PR]
by salgadou | 2006-02-26 09:14 | マウントアダプター | Comments(7)

ライカ(ライツ)レンズでデジタルフォト

古いライツのレンズでも デジタル一眼レフに使用できます。
今回は「エルマー90ミリ f4」の例を。

a0063552_108385.jpg

これが 全体です。ズームフードFIKUSを装着しています。
で このレンズ 先端のレンズヘッドが外れます。くるくる ねじを緩めるだけです。

a0063552_1094763.jpg


下段左は ヘリコイド部分です。ここはピントを合わせる筒になっており レンズは入っていません。
レンズは 右のレンズヘッドのみに含まれます。
写真右上のリングが レンズヘッドをM42マウント(昔のペンタックスのねじマウント)に変換するアダプターです。
トミーテック(=BORG)という会社が販売しています。ヨドバシカメラでも扱っています。4千円くらい。
http://www.tomytec.co.jp/borg/product/parts/023/index.html
このページの下のほうに「7853」というアダプタがあります。これを使います。

で、先般登場のペンタックス・ヘリコイド中間リングと組み合わせます。
このような姿になります。 ちょっと アンバランスな姿ですけど。。。(^^;)
無限遠からの撮影が可能です。

a0063552_10505326.jpg


ちなみにカメラが座っているイスは、アーロンチェアといいます。腰痛を起こしたことがあるので、少し贅沢してこのイスを使っています。

で、このエルマー90ミリ f4で 花を撮ると これがとってもいいんです\(^o^)/

a0063552_10525789.jpg


a0063552_1054197.jpg


a0063552_10555170.jpg
1952年製造のレンズとは思えません。

人気blogランキング ぽち 有り難うございます。 m(_ _)m
[PR]
by salgadou | 2005-12-15 10:11 | マウントアダプター | Comments(9)