カテゴリ:小物類( 42 )

持つのが窮屈ですね。前面から見た大きさは 1/1.7型機のPowerShot S200とほぼ同じ。
とはいってもレンズ交換式なので レンズはそれなりの大きさ。その分持つところが窮屈になります。
a0063552_19114360.jpg


a0063552_191202.jpg


a0063552_19121832.jpg


ボトムグリップをつければ 保持性は向上するのですが、せっかくなのでハンドグリップを自作してみました。

a0063552_65766.jpg
途中のプロセスは省略して いきなり結果です。
左が第1作、右がその改良型。デザインが進化しています! (爆)

グリップは使う側の手の大きさや指の長さにも使用感が左右されますので、実際に作ってカメラに装着し使用してみて初めて 細かい違和感や不具合が分かります。
今回は2作目でほぼ(自分にとっては)満足のいく出来となりました。

a0063552_75255.jpg


a0063552_754114.jpg


a0063552_755618.jpg


小さなカメラでは小指が余ることが多いのですが、このグリップを使うと 薬指と小指でがっしりをカメラを保持することが出来ました。
a0063552_7746.jpg

[PR]
by salgadou | 2016-05-10 07:15 | 小物類 | Comments(0)

サムというのは親指のことです。親指の腹をこのアクセサリーに押し当てて、カメラの保持を向上させようというアクセサリーです。主にアクセサリーシュー付きの小型カメラに用います。

a0063552_14371091.jpg
例えば これはソニーのサムグリップで アマゾンで17600円もします。RX1シリーズという20万円を超えるカメラのアクセサリーですが、安いデジタルカメラが1台買えてしまいます(-_-;)

値段はピンキリで、カメラメーカー純正品は高いですね。サードパーティからもいろいろ出ています。
a0063552_14413076.jpg
これは サードパーティ製のフジフィルムカメラ用のサムグリップ。値段は2980円です。

どちらも金属製のようです。でも まだ 高いなぁ。。。

というので 一番安そうなのを アマゾンで買ってみました。届くのに日数がかかりましたが、発送は中国の広州からでした。
早速ルミックスGF2に装着!
a0063552_14434247.jpg

a0063552_14435379.jpg
電源スイッチのON/OFFが僅かにやりにくくなりますが、カメラの保持はかなり向上します。
a0063552_14522070.jpg

材質はプラスチックで、少し撓りますが、使用には問題ありませんでした。カメラに傷が付きにくいのでプラスチックの方が好都合かも。

お値段は送料込みで310円でした。カメラも中古品で4320円でしたので、釣り合いは取れていると思います(^^)

ちなみに このサムグリップをNEX-6にも着けてみましたが、全く駄目(親指を押し当てる位置が遠くなりすぎて カメラを保持できない)、
ルミックスGX1では 電源スイッチのON/OFFが GF2よりやりにくくなる....というので このアクセサリーはGF2専用となりました。
製品紹介の写真を見ると、オリンパスのE-PLシリーズに合うように作られたようです。
ネットで写真を見ただけだと「こんなものでカメラの保持が向上するのか?」と半信半疑でしたが、ちゃんと効果有りました。
[PR]
by salgadou | 2016-03-07 06:17 | 小物類 | Comments(2)

これです。
a0063552_20354169.jpg


キヤノンEOSマウントのレンズを ソニーのミラーレス機(Eマウント) に装着するシグマのマウントアダプター。
(シグママウントレンズ→ソニー ミラーレス機用のマウントアダプターも出るそうです)
まだシグマ社からは正式発表になっておらず、情報がネットにリークされている状態。
シグマ社から発表されました。価格と発売日は未定です。

これがあればEOSマウントのレンズは ソニーのEマウント ミラーレス機でAFで使用できます。
α7IIシリーズであれば 更にどのレンズも手ぶれ補正付き。

EOSマウントのレンズには手ぶれ補正のないレンズもありますので、キヤノンのデジタル一眼レフで使うより ソニーα7IIシリーズで使う方が、よりぶれにくい撮影が可能ですね。

出来の悪かったなんちゃってツアイス24-70/4の替わりに、キヤノンやシグマ、タムロンなどのレンズから選び放題 \(^_^)/
(* 動作保証はシグマのレンズだけでしょうけど、、、)

登場を期待しています。もしかしたら今週の横浜CP+で紹介 実物の動作確認が可能かも。。。
[PR]
by salgadou | 2016-02-22 20:38 | 小物類 | Comments(0)

これが役に立ちます。
a0063552_1144224.jpg

パンの袋などを閉じてある被覆ワイヤです。なので無料 (パンは買ってください)。

a0063552_1155051.jpg

スリットに対して太めの組紐をストラップとして取り付けたい。でも無理そう。。。

a0063552_1161830.jpg

a0063552_1165355.jpg
そこで被覆ワイヤの登場。このように組紐を二つ折りの被覆ワイヤで挟んで スリットをくぐらせ、グイグイと引っ張ると....

a0063552_1171813.jpg


a0063552_1174985.jpg

a0063552_1175915.jpg

これで手製ストラップの取り付け完了です!

自分は長いショルダーストラップは嫌いで、全てのカメラにこのように手製のハンドストラップを装着しています。必要に応じて両吊りに出来るようにしています。



* 無理に太すぎる紐を通そうとしてカメラを壊しても 猿画堂撮影機材室としては一切の責任を負いませんので あらかじめご了承ください。
[PR]
by salgadou | 2016-02-14 11:11 | 小物類 | Comments(0)

絶滅危惧種?

いや もう世界的には「ほぼ絶滅」状態でしょう> xDピクチャーカード。そんなの知らないよと言う人も多いでしょうね。

a0063552_20195381.jpg


富士フイルムとオリンパスが共同で2002年に スマートメディアの後釜として発売した記録メディアです。
当時のデジカメ市場ではこの2社が強く「しめしめ 記録メディア事業も我々が占有してしまおう!ボロ儲けだっ!」

しかしこの2社以外に参加するカメラメーカーは現れず、結局この規格を提唱した当人の富士フイルムもオリンパスもこのxDピクチャーカードをうち捨ててしまいました。

なぜSD/SDHCカードに負けたのか?

1. 記録容量の上限が2GBまでしか発売されなかった
2. 高速化するSDHCカードに比べて 亀のように遅い記録/読み出し速度
3. そのくせ容量あたり価格は同時期のSD/SDHCカードの2倍以上*
4. デジタルカメラの記録用途以外に使い道がなかった

負けたのは当然でした。ノートパソコンでもSD/SDHCカードスロットは付いていますが、xDカードスロットなんて存在しない。

似たような状況のメディアにソニーの「メモリースティック」がありますが、これは今でもSD/SDHCカードと共有で使えるカメラをソニーは出しています。
この点はフジやオリンパスよりずっと立派。

* いまでもアマゾンでは売られています。1GBのものが1500円ちょっと、同じ金額でSDHCカードなら32GBのものが買えてお釣りが来ますが。。。

More
[PR]
by salgadou | 2016-02-08 20:48 | 小物類 | Comments(0)

前述の通り このぎょぎょっと魚眼20ミリはニコンFマウントに装着した場合固定焦点となり、約2m前後にしかピントが来ない仕様になっています。

しかしこのレンズは本来かなりシャープな描写力を持っているのです。なので何とか風景写真にも使えるようにしたい!

そこで eBayから新たなアダプターを調達しました。10ドルもしません。
a0063552_8242830.jpg

a0063552_8244049.jpg


ニコンFマウントのレンズをM42のカメラやアダプターに取り付けるためのマウント変換リングです。
M42レンズをニコンFマウントに装着するためのアダプターは国内でも売られており、自作も含めて既に持っているのですが、逆の変換アダプターは国内では売られていないようです。

さて購入したこのアダプターをBORGの中厚ヘリコイドチューブと組み合わせると、上手い具合に余裕を持って
無限遠からレンズ前方4cmくらいまでピントを合わせることが出来るようになりました。

遠方の被写体を写して「風景にも使える描写力なのか?」確かめてみます。

a0063552_8282757.jpg


a0063552_8284140.jpg


α7の24百万画素にも耐える十分シャープな描写です。ヌケの良さも魅力です。コーナー部分のみ画像が緩くなりますが、
魚眼でコーナーの描写を気にするケースも稀でしょうから、この点は受け入れることとします。

大きめの画像を ↓に貼りましたので ご参考までに。
http://www.jpdo.com/dd004/69/img/3456.jpg

近くの被写体にも十分適応可能です。
a0063552_8311435.jpg


a0063552_8313373.jpg


a0063552_8314743.jpg

[PR]
by salgadou | 2015-07-22 09:18 | 小物類 | Comments(6)

オーバーインフ対策

α7にマウントアダプターを介してライカマウントやニコンマウント、ペンタックスマウントのレンズを快適に使用しています。EVFの拡大表示は 一眼レフの光学ファインダーとは比べものにならないくらい高い精度でピント合わせが出来て もうデジタル一眼レフのMFには戻れないと感じるほどです。

とはいえ 広角系のレンズの場合、いちいちピントを合わせなくても絞り込んで置きピンで撮影することも多々あります。その場合問題になるのが 距離指標が正確なのかどうか。。。

Rayqualのマウントアダプターについては さすがにマウントアダプターのパイオニアだけあって厚みが正確だと感じます。自分はライカマウント用を購入しましたが、ライカマウントの広角レンズについてはその距離指標が使えます。

では 安価なマウントアダプターの場合はどうか?

実際の距離と、ピントを合わせた場合のレンズの距離指標にズレがあります。すべてではありませんが、安全度を見て僅かに薄く作ってあるマウントアダプターが多いです。
これは ペンタックスK→ソニーEマウントアダプターを介して ペンタックスM28ミリf3.5を取り付けた例です。(余談ですが 中古5千円弱で買ったこのレンズはとても良好な描写で気に入りました。Vario-Tessar 24-70ミリf4の広角域より周辺描写がずっと鮮鋭です)
a0063552_1211655.jpg

a0063552_1212444.jpg
距離指標は絞りの「5」の数字の位置にあります。絞り半段分ずれています。
そこで写真のように 白いパーマセルテープに赤線を書き入れて新たな指標を取り付けました。
これで 赤い線に距離目盛りを合わせれば 所定の位置にピントが来ます。
* なお 材質面で白いビニールテープはお勧めしません。粘着材がはみ出してきて汚くなります。
被写界深度目盛がカバーされて見えなくなりますが、どのみち24百万画素のデジタル写真ではフィルム時代の被写界深度はアテになりません。それよりずっと狭い範囲がデジタルでの被写界深度だと感じることが多々あります。大半のAFレンズには もう被写界深度目盛なんてありませんし。
a0063552_12182328.jpg

[PR]
by salgadou | 2014-03-20 12:19 | 小物類 | Comments(2)

レンズをカメラに装着する際 (スクリューマウント以外は)両者の位置を合わせる必要があります。カメラ側の指標はわかりやすいのですが、レンズ側の指標はわかりにくいものがあります。
a0063552_9461076.jpg
例えばこのシグマのレンズ、小さな銀色の円がプリントされていますが、薄暗いと見えない、手探りでもこのプリントでは指先で感知できません。
そこで....
a0063552_9464786.jpg
このように赤いポッチを接着しました。一応クリスタルガラスなんです。商品名は「スワロフスキー ラインストーン クリスタル」となっています。手芸品店で入手しました。20個で210円と格安です。明るいところではキラリと光ります。暗闇でも指先で感知できます。
a0063552_949039.jpg
α7で使用するマウントアダプターにも取り付けました。マウントアダプターによっては側面にまったく指標がないものもあって 取り付ける際いちいちお尻を見る必要があったのですが、これで解決です。
[PR]
by salgadou | 2014-03-12 09:50 | 小物類 | Comments(0)

単焦点レンズ搭載....

小さなレンズと大きな背面液晶、でも三脚穴が無いので使いにくいかも。。。
a0063552_15284567.jpg


レチナディスプレイで高解像を謳っているのだが、画像掲示板の24百万画素の画像を表示させてみてもちっとも高精細に表示しない。部分的に画像を拡大してもジャギーが目立つだけ。どうも横2000ピクセルを超えるような画像は精細表示しないような仕様に見える。
店頭でマックブックプロのレチナ液晶で画像を表示させても 細部はもやついた画像に見える。設定次第でクリアに見えるようになるのだろうか....?
[PR]
by salgadou | 2014-01-08 15:30 | 小物類 | Comments(0)

昔 α700用に600円ちょっとで買ったサードパーティのリモコン、ソニー機に共通です。
最新のα7でも使えます。勿論NEX-6でも(NEX-3にはリモコン設定がありません)。
a0063552_12192593.jpg

ところでNEX使いの方が戸惑うのが リモコン設定。
NEX-6では 左方向キーのドライブ設定(1コマ撮りや連写、セルフタイマーなどの設定)の一種として リモコン利用の設定があるのですが、α7ではそこにはありません。
メニューの「工具箱マーク」→「3ページ目」にON/OFFの設定があります。
なぜドライブ設定から独立させたのか? 独立させたことにより ブラケット露出などがリモコンでも可能になりました。私は常時ONにしています。

この安価なリモコン、ボタンが二つ付いており 上の方は「即シャッターが切れる」モードで、 下のオレンジのボタンは「2秒後にシャッターが切れる」モードになっています。
[PR]
by salgadou | 2014-01-03 12:29 | 小物類 | Comments(4)

撮影に使っている機材を紹介致します。